2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

家族への告知
 


家族へ・・子供へ・・自分の病状をどのように告知したらいいのか?



お子さんのいらっしゃる乳がん(に限らず)患者さんは、ご自分の病状を全て子供さんにお話していらっしゃるのでしょうか?
病と共存する母として、子供さんとどのように向き合っておられるのでしょうか?

ご自身の年齢や病状・子供さんの年齢や性格・・・・等様々で、ひとくくりにはできないことかもしれませんね。
訪問者のいちごさんにひよこの意見を求められましたが・・・答えが出ません。
再発している事実は現実です。
現代の医学では根治が難しいことも事実であり現実です。

再発って・・残念ですよね。

ひよこも残念ながら再発乳がん患者です。
余命を生きています。
でも・・余命なんて誰にもわかりません。
ある意味全ての人は余命を生きていると言えるかも知れません。
なぜなら明日の命の保証のある人は、誰一人としてありえないからです。

再発をしている・・という事実が、他の人よりも少しだけ“死”へのモチベーションを上げているだけです。抗癌剤の副作用があって、生活に少しだけ支障があります。通院や入院治療の時間とお金が余分にかかります。
・・・がん患者だからといって、できないことは・・少ないと思います。


母親が元気でいることは子供にとってはとても嬉しいことでしょう。
でも悲しいかな再発という厳しい状況の私たちは
『お母さんも一生懸命・・顔晴っているんだよ!』
というメッセージを子供たちに伝えることが大切ではないかな?と思います。
お一人お一人お名前やお顔が違うように、伝え方もオリジナルな方法で。



      庭の片隅でひっそりと咲く すずらん


いちごさん。
ご期待に副えなくてごめんなさい。

いちごさんが伝えたいと思われるならば、いちごさんの方法でお嬢さんに伝えて差し上げたら、きっとお嬢さんもわかってくれると思うわ。
お互い・・「今」を大切にして「今」を楽しみましょうね。



コメント欄には書ききれなかったので記事にしちゃいました!(・e・)


『がん』 心と体のケア
 


『がん鎮痛薬 使いやすく』

という見出しの新聞記事をみつけた。 日本経済新聞。



日本ではがんの痛みを抱える患者は最大60万人程度とされる。
痛みを和らげる鎮痛薬は痛みを感じる脳内物質に作用するため医療用麻薬とも呼ばれる。
日本では「麻薬中毒になる」との誤解が根強く、欧米に比べて普及が遅れている。




            散歩途中の寺の飼い猫ちゃん♪

購読している『がんサポート』5月号にも特集が組まれている。

*患者ケア特集*

疼痛コントロールはがん治療の早い時期から始めるのが効果的。
オピオイドを適切に使うことで元気になり、意欲的に化学療法に取り組める。
疼痛治療の必要性は徐々に認識されるようになってきたが、まだ十分とは言えない。痛みの状況に合わせ、適切な疼痛治療が、化学療法に好影響を及ぼすこともある。






・オピオイドの消費量はアメリカの10分の1。
・患者さんの遠慮によって痛みの実態が伝わらない。
・薬を飲むことができるのなら、経口剤が最も簡単で確実で安全
・就寝時の痛みは即日解消すべき。
・痛みを取る事で生きる力が湧いてくる。
・患者さんが治療に意欲的になれる。

『がんサポート』の見出しの一部を紹介してみました。





かつてひよこは頚椎転移の痛みが辛く、まだ転移と診断される前に診ていただいたDrに
「痛みは・・気のせいじゃないですか?」
と言われました。
寝返りも打てないほど痛くて、一晩中眠れなかった患者に対して言う言葉でしょうか?耳を疑うと同時に腹が立ちました。
結果的に下半身麻痺の可能性あり・・との整形外科のDrの勧めで放射線治療に至りました。
心のケアが効果的ながん治療に結びつくといわれている昨今、こんな対応をするDrも居るのかと、最初に診ていただいたDrに呆れたりもしました。

精神腫瘍科医の早期育成が望まれます。





再発・転移したがんと共存して生きるのには・・どうやらコツがあるようです。
“心と体のケア”
心のケアの第一歩は「話すこと」
体のケアの第一歩は「苦痛をなくすこと」


近い将来、患者が使いやすい疼痛緩和の薬が発売される予定だそうです。
痛みがあるとネガティブな思考に傾き、QOLを下げます。
日ごろから、医師・患者双方でより良い関係を築き、自分の気持ち・希望・状況など・・短い診察時間の中でスムーズにDrと会話ができるといいですよね。



再発・転移しても・・・痛みがあっても・・・大丈夫。
たぶん明日は生きている。
たぶん1ヶ月後も生きている。
たぶん1年後は・・・??? 生きていたい!!!


心と体のケア次第かな〜?              (・e・)



シンデレラExpress・・・セカンドオピニオン
 


東京発22時00分






ひよこにとってのシンデレラエクスプレス。






午後4時予約のセカンドオピニオン。

2時には受付を済ませて病院内で待った。
その時担当Drはまだ午前中の患者さんを診察しているという。
午後の診察予約の患者さんもたくさんいらっしゃるというお話。
予約時間の4時にはとても呼んでもらえそうもない・・・。

院内にある「がん相談コーナー」を利用して情報誌を読んだりして時間を潰した。

4時過ぎに持たされたPHSが鳴った。
診察室へ入ると若い女医さんがいた。
『えっ? 化学療法部長じゃないの?』
レジデントだった。

治療経過の確認と質問事項の確認のための事前の聞き取りだった。
初発から5年近く経っているため小1時間くらい時間をかけての問診となった。
自分の治療歴を振り返って話をしていると・・・感極まって泣けてくる。
「お気持ち・・・よくわかります。」
若い女医さんが共感してくれる。


さらに待たされること2時間。





7時少し前になってようやくセカンドオピニオンが始まった。
まず最初に
「お一人ですか?」
とDrに驚かれた。
患者本人が一人だけでセカンドオピニオンを聞くことが珍しいことなんだ・・・。
30分くらいDrとの話合いの時間がもてた。
自分の聞きたいことは全て聞くことができた。

結論は今の治療がベストであること。
そして東京でも大阪でも・・ひよこのかかっている病院でも治療方法に大差は無いこと。
そして今参加できる治験は無いこと。

主治医宛のお手紙を受け取り会計を済ませて病院を出たのは8時15分。
最終電車に乗れるのか・・・自宅まで帰れるだろうか・・・心配になってきた。
やっぱり一人は心細い。


ゆりかもめに揺られながら・・帰りの不安を憂いながら・・・外の景色を眺めた。







見慣れない夜景やお台場から乗ってきた元気な女子高生?らの笑い声に励まされながら東京駅へ向かった。

お土産を買うテンションもなく新幹線のホームをひたすら目指した。
一刻も早く自宅へ・・家族の待つ家に帰りたかった。
自宅を出てから4日目。
もう東京に滞在する目的もなく・・・孤独感が襲ってくる。


最終の1本前 21時30分 名古屋行きひかり号 に間に合った。




最寄の駅まで主人が迎えに来てくれていた。
待っていてくれる人がいるって・・嬉しい。

24時00分 自宅に到着した。


孤独な 長い・・長い・・・一日が終わった。                  (・e・)


自家製 『ビタミンD』
 


最近、天気のいい日には<キノコ>干してます(^o^)



知ってました〜? しいたけには菌床栽培と原木栽培があるって…??

今までは『国産』だけにこだわっていて栽培方法までは気にして買っていませんでした。
菌床と原木の違いを知ってからは、少しお値段は張りますが敢えて原木しいたけにこだわっています。


*プチレクチャー*

原木栽培:樹齢20年から25年くらいのそこそこの太さのナラ・クヌギなどの広葉樹を1m位に切って    
       しいたけの“菌”を接種する。
       これを『ほだ木』と言うようですが、紅葉後の木が適しているようです。
       250日〜300日、自然環境を利用して培養しそのまましいたけを発生させたり、ハウスで発  
       生させたりする。
       
       原木1本(5〜10kg)を一日に何本も移動させて日当たり具合を調節するのだそうです。
       風通しが良く直射日光の当たらない場所が適しているのだとか。 
       大変な重労働ですよね。
       自然の気候や天気に左右されやすく、年間の安定生産はなかなか難しいそうです。
       
       香りと…歯ごたえが いいです。


菌床栽培:短期間に低コストで大量生産できる。
       おがくず・栄養剤・水を混合して20cm四方くらいのおおきさのブロックを作り、殺菌処理し
       た後、しいたけ菌を接種して空調管理された施設内で90日ほど培養されるそうです。
       ブロックは2堊宛紊鳩擇い燭瓩修里泙淹楡瀑發納容できるそうです。
 
       ブロック数が多くまた栄養剤の豊富な人工栄養により年間を通して安定した収穫が期待できる   
       ようです。

*あくまでも私的な考察ですのですべてがこの限りではありません。       







それから天日干しすることによって、生とはまた違った価値が産まれることを最近知りました。(今更ですが…)

日光にあてることで保存性の向上・自然乾燥により生のものよりも味や香り旨みが濃縮されて増す、また陽に干すことによって『ビタミンD』の含有量も増えるそうなんです!




*プチレクチャー 2 *

【ビタミンD】

ビタミンDは丈夫で健康を作る働きをする。丈夫な骨は常に骨代謝(骨のリモデリング)によって新しく造られ続けなければならないので、ビタミンDは破骨細胞を活性化して骨を壊し、骨芽細胞を活性化して骨を作る。またビタミンDは、リモデリングに必要なカルシウムを血中に動員するために腎臓でのカルシウムの再吸収を促進し、腎臓からの排泄を抑制し、骨代謝を吸収側(破骨側)に傾ける副甲状腺ホルモンを抑制する。また、ビタミンDは免疫反応などへの関与も示唆されている。作用機構および機能の多様性から、ビタミンAとともにホルモンに分類されることがある。

ビタミンとは人体で合成できない微量栄養素という意味である。その観点からはビタミンDはコレステロールから人体内で合成ができるためビタミンではないという意見もある。しかし、消化管からのビタミンDの吸収が低下すると容易にビタミンD欠乏症になることから外因性のビタミンDは不可欠である。      

              提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



多発骨転移しているひよこにはナイスな情報です!
もう ”愛しのしいたけちゃん” です。
ゾメタの薬剤効果と比べたら…椎茸なんて整形外科のDr.に笑われるかもしれないけれど、いいことずくめの椎茸、せっせと干して食べてみようと思っています♪



暇なだけなんですが…(^^;)  ちょこっと期待して…☆              (・e・)
                             




転移・再発がんも…「天寿がん」なり。
 

3連休の真ん中、11日(日)は地元の大学の「がんを生き抜く……スクール」に参加してきた。



一年間で4回のプログラム。毎回参加者の闘病体験と大学の先生の講話等がある。

昨年に続き2年目の参加。今回は今年度になって2回目のスクール。

その大学のキャンパスへは交通機関を乗り継いで…家を出てからキャンパスまで片道約2時間くらいかかる。

田舎暮らしのひよこが大学まで通うのは結構大変。。。

でも、換えられない魅力がそこにある。

たまには街へ出掛けると気分転換にもなる。



転移・再発している身体でもこうして出掛けられることが何よりも嬉しい!

スクールで出逢ったお友達もできた。

胃ガンの経験者で今年ちょうど還暦!という彼女からは乳がん患者にはわからない辛さを教わった。

もう一人お姉さんができたようで嬉しい。



先日のスクールでは「がんとお薬」というテーマで大学院薬学研究科がんプロ特任助教授…というなが〜い肩書きの先生のお話があった。

希望に満ちた…心に残るお話だった。



『がんになっても』 《希望と、当たり前の生活を》 をコンセプトに熱く…物静かに…わかりやすい言葉で語って下さった。

……「乳がん」は世界的規模で研究が最も進んでいる。
新たな分子標的薬も水面下でたくさん臨床試験がすすんでいる。今後、新薬が次々と認可承認されると思っている。保険適応になるまでのプロセスもかなり短縮されつつある現状。
薬を上手くつかい…がんの転移・再発も、薬で上手くコントロールできれば、いつか一生付き合える病気になる日が、近い将来きっとくると思います。……

と力強いお言葉を頂いた。

                             

以前、ひよこのブログ記事にコメント下さったお友達の言葉をお借りすると…「天寿がん」。。。

薬の専門家にそんな風に力強く言ってもらえると…本当に近い将来、現実になりそうな気がしてくる。 不思議なパワーであり…言霊である。

転移・再発しているひよこには神々しくさえ見えた!

スクール修了後…番外で質問するため、先生にお声をかけさせて頂いた。再発患者のひよこにとても優しく親切にそして正直に…応えてくださった。



久しぶりにオーラのある教授と呼ばれている先生に出逢えた気がした。

今度、メールアドレスお聞きしたい!

ひよこの命綱の一本がまた増えたような気持ちがしている。



お金を遣って街まで出て…でも、こんな希望に満ちた話を聴くことができて…元氣になれる!

お金には換えられない「何か」を得ることができる!!

「ファイティング・スピリッツ」が湧いてくる!!!

このテンションが…氣が…一人でも多くの闘病してる誰かに届くと嬉しい…というか届けたい☆


               


闘病中の貴女も貴男も…命輝かせて…自分の花…咲かせましょうね。



きっと…今日よりも、よい明日…「天寿がん」めざして。。。          (・e・)






PS.押し花用に…一つ二つと買い足して集めた花の苗。
  気がついたらいつのまにか10鉢以上になっていて…(^^;)今だ黒いポットのままで…。
  …今朝、通院前にがんばって植木鉢へ移植しました!
  そんなお花たちをアップしてみました(^o^)




学びの秋…「がんばらない」けど「あきらめない」
 

肌寒いくらいの朝。

布団のぬくもりが恋しくて…なかなか起き抜けられない朝。



雨のシャワーを浴びてしっとりとしたベランダの花々。。。

水道水をかけるいつもより生き生きしてるように見える。

自然の恵みか…。


先日、いつもお使いをするスーパーの産直のコーナーでユリの球根をみつけた。

どんな種類なのかさっぱりわからなかった。説明書きもプレートも何にもついてなくて…

いかにもお婆ちゃんのユリ!って感じ。

とにかくお値打ちだった。(ここが魅力的)ゴロゴロ入って200円だった!



ミステリー球根…として楽しむことにして買って来た。

雨上がりの今朝、川沿いの花壇に植え付けをした。

ついでに自宅の庭の散策をしてみた。



な〜んか、見つけちゃった♪




木イチゴに紛れて隠れてたつる。。。

いいじゃん!

たしかお祖父ちゃんが○○植えた…とか言ってたよな〜。

ほんの2枝だけ頂いた!





切り立てのつるはやわらかくしないがよく効く。

自己流…リース風にまるめてみました。




形が…いびつだね(^^;)




山に行かなくても我が家にこんなすてきなつるがあったことにビックリ!!

クリスマスに向けてデコレーションしてみようかな?

お祖父ちゃんにお願いしてもっとたくさん切らせてもらって、籠とか編んでみたい!



その更に奥にもっと線の細いつる…発見!



あけび。。。とか言っていたような? 実はついてなかった…。

風情があって 好き♪



案外…灯台もとくらし…だった。



今日は午後から地元の乳がん患者会の講演会がある。

ピンクリボンに賛同する意味なのか…毎年1回 10月に開催される。

昨年は放射線治療で入院中だったから参加できなかった。

今日は初めての参加になる。 ちょっとワクワクする。 新たな『出逢い』があるかもしれない。



明日は 鎌田 實 先生の講演会に参加する予定もある。



読書の秋・食欲の秋・スポーツの秋・芸術の秋・・・ひよこにとっては 学びの秋でもある。

9月はたくさん遊んだ!ひよこの夏休みも終わった!!




10月はちょっと気合いを入れて勉強してみるぞ〜☆             (・e・)




…半年が過ぎて


 7月9日  今年の1月9日からブログを書き始めて今日で ちょうど6ヶ月。 半年。

何気ないことを書いてみると…結構 はまっってしまった!

そして、そんな自分に共感してくれる人がいる。。。 驚いた!!

アクセスしてくれるだけでなく…コメントまで残してくれるm(_ _)m

あたたかく、さり気ないコメントに励まされて、今日まで続けられたんだと思う。


本当に、皆さんに “感謝” です。



今日は闘病の過程を 簡単に振り返ってみようと思います。


2004年 8月    右乳房に小豆大のしこりを感じ乳腺外科受診
             マンモグラフィー検査で異常なし

             しこりとは別の部分の石灰化を指摘される
             針生検するも異常なし
          
             6ヶ月後の経過観察 

2005年 5月    石灰化が広範囲となり乳腺外科 受診
             マンモグラフィー検査で 乳がん 告知
             確定診断のため針生検

2005年 6月    右乳房 全摘手術
             
2005年 7月    ホルモン療法による治療開始
             ノルバディクス・ゾラデックス

2006年 7月    術側胸壁に米粒大のしこり発見
             エコー検査するも小さすぎてはっきりしない

2006年 10月   胸壁のしこりが大きくなる
             外来で摘出手術

2006年 11月   胸壁の病理検査の結果 悪性
             再発告知
 
             腹部CT検査の結果 肝臓に影が映る
             転移性肝臓がん 告知

2006年 12月   再発乳がん治療開始
             AC(アドリアシン・エンドキサン)4クール
             T(タキソール)6クール

             鬱病 発症
             心療内科 受診 カウンセリング開始
             

2007年 5月   ホルモン療法 開始  
            アリミデックス単剤

2007年 11月  腫瘍マーカーが上がる
            月経が戻ったため ゾラデックスの追加治療開始

2008年 6月   マーカー値 上昇
            ホルモン剤の変更 トレミフェン開始

2008年 8月   マーカー値 上昇 
            ホルモン治療 中止
            化学療法 X(ゼローダ)開始

2008年 9月   骨シンチ検査 多発骨転移 告知
            ゾメタ 点滴 開始

            頸椎転移のため首に激痛
            放射線治療 開始

2008年 11月  マーカー値 上昇
            追加治療 
            XC(ゼローダ・エンドキサン)

2009年 1月   マーカー値 下降
            X(ゼローダ)単剤治療

            ブログ 始める

……現在に至る。

現在 肝転移・多発骨転移・胸壁転移 経過観察しながら治療中。心療内科へも通院中。



骨転移がわかる少し前、落ち込んでいるひよこにと…主人がデジタル一眼レフカメラをプレゼントしてくれた。

「少しでも楽しみが増えれば…」との想いからだったみたい。。。

時を同じくして、主人がパソコンを買い換えた。
古いノートパソコンが押し入れにしまってあった。

「ブログでも始めてみたら…」

と何気なく主人が言って、押入からポンコツのPCを引っ張り出してきた。

『ブログなんて…PCオンチの私には、とても無理無理!』

でも、乳がんの記事に興味があったので、そっちのサイトは時々のぞいていた。

お正月も過ぎて、『45歳のスタート! 何か始めなきゃ…』 と思っていたとき、お友達からメールをもらった。

「ブログはじめました。。。」って。

『私にもできるかも…』 と思えた。

主人や子供に助けられながら(^^;)何とか始めることができた。



半年が過ぎて…

同じ病気で悩んだり、つらい思いをしている誰かの参考にでもなれば…と思って始めたブログだった筈なのに、逆に自分が励まされて、元気をもらって、癒されて…。

顔も見えない…名前もしらない…あなたと…共感したり、こころをかよわせることができる!
ネット・ワークって素晴らしい!!

つらくて 辛くて 『死んでしまった方が、楽かもしれない…』 と苦しんだあの日。

今 『生きていて、よかった!」』 ってつくづく思う。

乳がんを告知されて…再発を告知されて…人生に希望が持てなかったこの数年間。
…なんてもったいない時間を過ごしてしまったのか…?
みなさんに支えられて、立ち上がることができました。


『今日よりも、よい明日』       帯津 良一


立ち寄ってくださるみなさん。 いつも応援 ありがとう ございます☆

病を抱えてるあなたも、病をかかえた人の側にいるあなたも、 よい明日 を生きていきましょう☆☆





今朝、初めて咲きました。  アメリカンブルー♪





苗ばかり大きくなって…本当に花がつくのか…とても氣になっていました。

今日、花を咲かせてくれたことに 意味がありそうな氣がして 一人で喜んでいます(*^_^*)





今日よりも よい明日 
                                         (・e・)







          
 
理不尽な病 ひよこ と 乳がん
 今日は朝から蒸し暑い。
風は良くはいるけれど、湿っぽい。

でも雨降りよりもいいかなぁ〜。
日差しがあるから…洗濯物も乾くし…何より体調がそこそこキープできる♪



面白い素材見つけちゃった…(^o^)
スモークツリー? たぶん…
間違ってたら誰か教えてくださいね!

押し花にしたら面白いかなぁ〜




カスピア スターチス  なごり雪…?
花言葉は 「変わらない心・変わらない誓い・上品」 だそうです。

…なごり雪…っていう名前がいい。

ドライな質感はケイ酸質を含んでいるそうです。。。?
ケイ酸質とか難しそうですね。

かりかりな感じだから、そもままでも押し花になりそう…かも。


いよいよ素材がMAX貯まってきた!
作品作りが忙しくなりそうです〜☆        (・e・)











どうして私が がん になったのか…

答えを…何処に…誰に…求めればいいのか?

遺伝? 母方も父方もがん家系ではない。

生活習慣に起因? 規則正しくバランスのとれた食生活を心がけてきた。

何故、私のDNAはミスコピーを繰り返したのか?

何故、私の遺伝子は突然変異してしまったのか?

答えが解明できれば、がんという病にも特効薬が開発されているに違いない。

40歳を過ぎたばかりの私には厳しい試練だ。

世間には道徳に反した人…法を犯した人…いっぱいいるのに…そんな人たちは健康で、真面目に生きている自分が がん になる。

理不尽。。。

昔から、「病は氣から」と言われている。
健全な精神に健全な肉体が存在する。

今、思い返してみると…あの頃はストレスの毎日だったのかもしれない。
氣を病んでいたのかも…
いわゆる未病の状態というのか…

家庭における義両親との確執
職場での人間関係
子供の母親同士の微妙な関係
ご近所付き合い
……

あのころの自分はストレスをため込むばかりで、上手く解消できずにいたのかもしれない。

アルコールも毎晩のように飲んでいた。
焼酎のロック。

幻の…旨い…と言われている焼酎を探し回っては、飲んでいた。
過度のアルコールの摂取は、がん誘発の一因とも言われている。
そんな情報を当時の私が知るはずもなかった。

やっぱり、ストレスと生活習慣が原因…?
そう思うことにした。
思わなければ…やってられない…。

術後、1ヶ月を過ぎた頃、職場から電話がかかった。
「体調はどうか…?」
職場復帰を促す電話だった。


「ドクターの許可を頂いたら、ご連絡します。」







再発乳がん長期生存の秘密 その2

。。。古布が好きです。



先日、引っ張り出してきた布で、コースター縫ってみました。

実家の母から譲り受けた古布

いにしえの 母 のぬくもり

かたちにしてみました。





最近は、もっぱら煎茶を飲んで、水分補給です。



 昨日は不安定なお天気で…突然の大粒なにわか雨にビックリしました!

でもほんの少し車で走ると…道路乾いてます…?
えっ ここは降ってないじゃん…?!

まさに 『馬の背をわける』 の如くでした。

今朝は梅雨の晴れ間?
朝から快晴です!!
お日様の光って…素晴らしいですね。
身体が、気持ちが元気になります。

ときどきカーテンを揺らしながら吹き抜ける 風 もまた 癒し…ですかね。。。




またまた『がんサポート』からの記事で恐縮ですが…

ひよこはこの雑誌の発売を毎月とても楽しみに待っています。
最新の情報や他の患者さんの声も聞くことができ、何よりも闘病中の自分に「勇気と希望」を与えてくれています。

6月号は乳がんと女性のがん 総力特集 。
興味津々のテーマですよね。


なぜ彼女たちは転移・再発してもがんに負けないのか、その原因を探る 

と題して、乳がん再発患者さんのケースを紹介している。



再発7年 Tさん…「オンリーワンでいいじゃないか」
            発想の転換で始めた猛リハビリが「奇跡」を呼んだ


再発10年 Oさん…がんについて学び、知り、行動する


再発4年 Nさん…しっかりと 命を見つめて生きる


再発3年 Sさん…2度の転院で「納得できる治療」にめぐり合えた


転移5年 Hさん…喜び、悲しみを分かち合いながら 仲間から力をもらう


再発6年 Wさん…再発後も普通に仕事を続けた


再発10年 Tさん…こどもの成長を糧に 定年まで働き続ける


………ほか6人の紹介も載っています。


共通しているキーワードは「日々の暮らしを楽しみながら」 ではないかと ひよこ は想う…。



ところで、今夜はデート。

彼…いません。
主人…飲み会です。

じゃあ、だ〜れ?って…

息子です!

映画『ルーキーズ』 観てきます!!

娘も誘ったんだけど、断られた…。(最近テンション低い。受験勉強のストレスか?…恋の悩みか?)


ちょっと、ドキドキ・ウキウキ・ワクワク?している ひよこです〜☆      (・e・)






再発乳がん長期生存の秘密

 今日は昨日より幾分か体調がいい。

昨晩は、安定剤のおかげで4時間くらい熟睡できたみたい。。。

睡眠(熟睡)することの大切さを身をもって実感した。

しっかり眠れていない状態は免疫力を低下させる。
アロマ・照明・.BGM・寝具…あらゆる方面から心地よい眠りを探ってみたい!
そして、免疫力アップのために心地よい眠りをマスターしたい!!

ちょっと遅れた情報となりますが…
『がんサポート』という情報誌を定期購読されているかたも多いと思いますが、
6月号にとても勇気づけられる記事のレポートが載っていました。
ここに紹介したいと思います。


<乳がんが再発しても、長期生存するための7箇条>



第1条 医療の進歩の恩恵を受ける…最新の治療・新薬の情報を常にチェックする。

第2条 患者会に参加する…自分一人ではないことを再確認して仲間と共に生きる喜びを知る。

第3条 前向きに行動する…未来に目を向け、前向きに、主体的に行動する。

第4条 ”患者力”を身につける…自らの病気を理解した上で、患者自らが治療について考える力

第5条 ストレスをためず、豊かな生活をする…日々の暮らしをイキイキと楽しむ。

第6条 がんを特別な病気と思わない…がんも数ある病気のうちの一つととらえる。

第7条 希望を捨てない、あきらめない…希望を捨てず、あきらめず、病気に向かい続ける。



付け加えるならば、小倉 恒子先生もおっしゃっている
『ファイティング・スピリッツ』を忘れずに、ポジティブに!




病と共存しつつ、自らの生を精一杯謳歌したい!!!    (・e・)





懲りずに買って来ました…押し花素材。
名前…よくわかりません…(^^;)





カスピア と かすみ草
名脇役です。





姉宅に咲いていた …?
ちりめんのような花びらが素敵です〜。

なぜか…ムラサキの花ばかり集まってしまう。。。

次こそ新たな色彩にチャレンジしてみよう ☆