2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「名月や 故郷遠き 影法師」  夏目漱石
 

冷ややかで…爽やかな日曜日の朝。

気圧も安定しているようで気分も体調もいい。

こんな当たり前のこともこの病と共存するようになってからは嬉しい。


今朝は久しぶりにゆっくりできた。

子供たちも中間考査の週に入り、模試も部活もない。

一人だけの時間が無い代わりに…お弁当からも解放され朝があわただしくない。 ちょっと嬉しい。



さて、昨日の夜空には「名月」 

待宵の翌日の月



中秋の満月

でもたしかユーミンは「十四番目の月」が好き♪と詩っている。。。




不思議なことにシャッターを切ると、こんな風に月が二つ撮れちゃう???



古来から陰暦八月十五日の満月の夜は、月の登るのを待って、秋草を挿し団子や芋を供えた子机を縁先にしてこれを祀り、やがてあらわれてくる月輪に感懐をやる…と歳時記にある。

農耕文化が支えてきた日本ならではの月を祝う行事…。いにしえの歌人も同じ月を観て詠んだのか…と思うとロマンを感じてしまう。。。



今日は「十六夜」

十五夜よりやや遅れて出るので、ためらいながら出る月の意で、いざよう月とも用いられるそうです。
「いざよふ」とはたゆたい、ためらうことである。。。

日本の言葉っていいですね。万葉情緒たっぷりの響きが好き♪



さて午後からは鎌田 實先生の講演会に行ってきます。

「がんばらない」けど「あきらめない」〜命を支えるということ〜  学んできます☆      (・e・)





里山の秋…人生の先輩
 




雨はあがったのに…すっきりしない。

すっきりしないどころか昨日より体調が悪い(>_<)

きっとまた低気圧がやって来るにちがいない。。。あ〜あ、憂鬱。


自転車を学校に置いて来た娘を今朝も学校まで送って…その後、接骨院へ行ってきた。

接骨院の治療が終わっても依然とすぐれないこの体。

ゼローダが始まって1週間。体調も悪くてあたりまえか…?


でも今日はせっかくお天道様が見える。ウダウダなんてしてられない!

ロキソニン飲んで…近くの里山へ出掛けてきました。  一人で・・・。





春にも訪れた里山。

お色直しして…秋色で魅力的。





里山は地元の自治体の観光協会が運営している。

そして地元のおばちゃんがお世話係として常駐している。

里山のこの施設ではお茶がいただける。

干菓子が付いて…100円。




ひよこも一服頂いた。

すんだ空気と天然マイナスイオンたっぷりの里山の縁側でいただくお茶は格別。

更におばちゃんのご厚意で、煎茶にお煎餅に…里山で採れた筆柿まで出して頂いてご馳走になった。


今日は初老の男性が3人ほど先客としてお話してみえた。…常連さんのご様子。

お花の名前や旬の野菜の食べ方を親切に詳しく教えて下さる。 学びの場でもあるんですね〜。





お茶を頂いている間、聞くともなく聞こえてきた会話…。

とても知的なお話をされており、さすがは人生の先輩!と感心した。


と感心していたら、ん…

…「健康診断の予約をしたら…一杯でキャンセル待ちで…」

「健康診断なんかしたら病気が見つかっちゃうから、受けない方がいいぞ…。」

「人生悔い無し。。。いつ死んでもいいか〜」

…な〜んて喋ってる(^^;)



病に関してはどうやらひよこの方が“先輩”らしい。。。?





杉にくぬぎに…竹林。




帰りがけお礼を言って帰ろうとしたら先輩方から

「どちらからお越し?  またおいでよ! ここは静かでいいよ〜。」

って優しいお言葉をかけてもらった。

これも新しい『出逢い』かも。


さて、今日の収穫?です。




落ちている秋…いろいろ拾って来ました(*^_^*)




豆柿。。。



木の実…色々。。。





一押しはこれ!烏瓜 カラスウリ!!  何故か…子供の頃から好きなんです♪

晩秋の風物詩。。。モカ色の秋に彩りを添えてくれます。



帰り道、無人販売所でお土産買いました。



完熟の柿…5個で100円。



今日は200円で、里山の秋…満喫してきました。



冬枯れの頃また来てみたい。

先輩方!これから時々お邪魔させて下さいね。



里山は心が落ち着きます☆ 無心になれます☆           (・e・)





夏を愛す♪
 



なかなか明けない梅雨。

勢いのない太平洋高気圧。

夏本番!とは言えないのかもしれないけれど…ひよこ的には気分は夏・夏・夏!!





降るかな〜?大丈夫かな〜?と空とにらめっこしながら洗濯機をまわす。。。

今日は日曜日。

課外もようやくお休みで娘も一息つける日。

「どこか 行く〜?」

ってだるそうに聞いてくる。

「そうだね〜。おつかいくらいかな…?」

そんなひよこの返事に落胆の顔色がみえた。。。

「CDでも借りに行く?」

「うん!行く行く〜!!」

元気が出てきた様子に ひよこも嬉しくなる。

「夏歌でも聞いて氣分転換だね。」



「お昼 どうする? マックでも食べる〜?」 って簡単に済ませたくて聞いてみた。

「マックは…飽きた…。」って (^^;)



気温もぐんぐん上がり暑い日になってきた。

こんな暑い日は 冷製パスタ がいいかも。。。

ひよこ!娘のため彼女に手伝ってもらい 顔晴りました〜(^o^)




「美味しい!」

パスタの好きな娘が満足そうに言う。

「もっと冷たいと良かったね…。」

ソースを冷やす時間もなくて残念だったけれど、夏の暑さが乗り切れそうなメニューかも。。。

今度はキンキンに冷やして…


幸せの魔法レシピがまた一つ増えちゃった☆




暑くても夏は明るいから好き!

草も花も勢いよく伸び、虫も動物も好き放題に飛び回る。

花火に夏祭りに…海やプール。

かき氷、アイスクリーム…冷えたBEERもね!

夏の醍醐味は尽きない。。。


汗がたらたら出て気持ち悪かったり、お洒落もできなっかたりするけれど、重苦しい衣服に身を包む必要もない夏のほうが好きだったりする。

うっとうしい夏も楽しめば乗り切れる!
夏を体中で 愛してみたい☆



来年の夏は来ないかもしれないから…        (・e・)









世紀の天体ショー
 



日本中の人が待ちこがれていた今日。

あいにくの天気が悔やまれる。

ひよこの照る照る坊主も宇宙の彼方までは 力 及ばず………(>_<)




ここ、ひよこの住まいでは午前11時頃が見どころとの情報。

接骨院で会計を終えたのが11時5分過ぎ…。

何だか外が薄暗い。

始まっちゃったかな…?

息子からお迎えの連絡が入ったので、曇り空の下、その足で車を学校へ走らせる。

でも、空が…太陽が…氣になって、運転どころではない。

「太陽出てる?」

って息子にメールしてみる。

「うん。三日月みたいなのが…見える…よ。」

それって日食が始まってるってことじゃん!



も〜待てない!!

途中パチンコ屋さんの駐車場へ車を止めて、カメラ片手に空を仰いだ。

今だ!

雲の隙間から…奇跡的に観ることができた。

もう夢中でシャッターを切った。

赤外線が目に良くないとかどうのこうの…報道されていたけど、こんな神秘的な現象を目の前にして、そんなことかまっていられない。



ほんの1分ばかりの天文ショー。

ひよこを感動させるには十分。

昭和38年以来の46年ぶりと言う。 巡り合わせ…? まさにひよこの生まれた年、昭和38年。その年の天気はどうだったのかな?

息子をゲットして帰宅したら、玄関入る前から義父が叫んでいる?!

「○君!○君!! 観てみろ、凄いぞー!」

興奮ぎみに息子を呼ぶ。

何かやらかしたかな…? こころあたり…ないよね(^^;)

居間へ行ってみたらT.Vで硫黄島からの生中継の映像が映っていた。

ダイヤモンド・リング が見えた。



TVからパクってみました(^^;)

この大宇宙の怪奇現象をまえにしたら、広い宇宙の片隅で、ひよこが進行乳がんで闘病していることが、どんなにちっぽけなことか…。


でも、生きていたらこんな素晴らしい自然も目にすることができる。 今を生きている喜びを実感できる。

延命治療には 意味がある。





もっと もっと いっぱい 感動したい☆            (・e・)