2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
金沢 Part2





娘を見送った後、ホテルへ戻りゆっくりと時間を過ごした。




落ち着きのあるホテルはとても居心地が良かった。
前日からの疲れと・・副作用で・・ゆっくりできる時間が有難かった。
オリンピックを観ながら少しうとうとして・・シャワーして・・・チェックアウトしたのが11時過ぎ。
金沢21世紀美術館に行ってみたかった。





兼六園とお城公園の周りを散策しながら美術館まで歩いた。
アップダウンのある道のりに少し汗ばむほどの快晴だった。
やわらかい春風が心地よかった。



地域の伝統を未来へ繋ぐまち・・金沢。


この日の最高気温21℃!
日本で2番目に暑い???
冬・・雪つりのイメージが強い金沢だけれど、雪深かったらこんな風に散策なんてできないかも。
お天気が良くて・・・良かった。





金沢21世紀美術館。
お友達が教えてくれたレストランFusion21で軽く食事をした。
ホント〜お皿が絵の具のパレットみたいだったよ♪
その名もズバリ『パレットランチ』!



あれもこれも・・全部美味しくて満足♪♪
はなちゃん!教えてくれてありがとう〜!!


試験を終えた娘とホテルで待ち合わせた。





午後2時過ぎ・・・
帰りの列車は7時。
まだ5時間ある。
プチ観光するには十分。
でも娘のテンションは低い。
「早く家に帰りたい・・・」

特急しらさぎのチケットを変更してもらって、5時前に金沢を後にした。




午後9時前、自宅に着いた。


本当はキャンセルしてもよかった今回の金沢行き。

でも、本人の希望や担任の先生や・・主人の勧めもあって予定通り受験してきた。
結果がわかるまで、また憂鬱な日々。
母娘の二人旅。
母は・・楽しめてよかったよ!



いつか・・・二人で行った金沢を思い出してくれたら・・それでいい。    (・e・)











主人が自問自答していた。

「どうして肝臓なんだ・・・なんで肝臓でなきゃいけないんだ・・・」


主治医からは化学療法 AC 4回  T 4回 を提案された。

突然抗がん剤のこと言われてもチンプンカンプンだった。
アンスラサイクリン系 アドリアマイシン・シクロフォスファミド エンドキサン・パクリタキセル タキソール・・・???
初めて耳にする薬に名前に うろたえる。
『髪の毛・・・抜けるんだよな〜』
そんな程度の薬剤知識しかなかった。
怖かった。

主治医が副作用について説明を始めてる。
主人が何か質問している。
そんな彼らの声が遠くに聞こえて・・・頭がふわ〜っとしていた。

主治医はすぐにでも治療を始めたほうが良いと言う。
『私・・そんなにヤバイんだ・・・』
表情のないひよこを見て主人が主治医に言った。

「先生、1週間時間をもらえませんか?治療の具体的な話は来週でもいいですか?」


再発を告知されても・・毎日生きていかなければならない。
いつもと同じようにお使いして・・夕飯を作って・・仕事に行って・・・。
抜け殻のような自分が、生きている。

生きることが苦しい・・と思った。
誰にもこの気持ちをわかってもらえず・・吐き出すことすらできずに・・どうすることも出来ずにただ時間だけが過ぎていった。
唯一自分からしたことは、姉の家へ行ったこと。
再発を告げると・・・信じられない・・何で・・と驚いた。

そして義兄と姉がセカンドオピニオンをすすめてきた。



言われて初めて・・・気がついた。 セカンドオピニオンか・・・してみようかな。

20年ぶりの・・北陸
 

歴史を刻む城下町・・・金沢。
自然豊かな由緒ある温泉地。厳かな趣あふれる名城。


20年ほど前、まだ母が元気だった頃嫁ぐことが決まったひよこと二人で訪れた冬の金沢。
今度はひよこが娘と訪れることになった。
あの時と同じ季節に。。。


国公立大学入試 前期日程。


不思議な『縁』を感じる。




ナベルビンの副作用がきているけれど・・無理をしてでも行きたい。
体調が不安定な今。
来年のことはわからない。
この先娘と出かけられる保証もない。
今、こうして二人で出かけられることに感謝して彼女との時間を楽しみたい。


金沢・・といえばやっぱり兼六園かな?
兼六園は雪景色がよく似合う。
金沢の街歩きを楽しみたい。


一人歩きや一人ランチはここ!なんて情報あったらぜひ教えてください♪



名古屋から『しらさぎ3号』で・・・3時間。





金沢は近いようで遠い!
列車に乗っている時間が結構長いから、
旅のお供に毛糸でも持っていこうと思ってます。
ちなみに、受験生の娘は今まで封印していた『ポケモン』を持って行くとか・・・。


受験なんだけど、半分は旅行気分♪





こんな風に思い出を一つずつ・・一つずつ・・・大切に重ねていきたい。  (・e・)





TOKYO   Part2
 

早朝の高田馬場。




受験する娘をキャンパスまで送る。

開門までしばらく待って・・入校を見届ける。
『どうか・・上手くいきますように!』と願いを込めながら娘の後ろ姿を見送る。
「記念受験だから〜」とか言ってたけど、胸には熱いものを秘めているに違いない。素直じゃないんだから。。。
「じゃあ、帰りは一人で気をつけて帰るんだよ!」と最後に言葉を交わして別れた。



日曜日 夜の新宿。



都庁近くのホテルに宿を取った。

ビルも人も多い・・・

いつもTVで見る風景が目の前に広がっている。
ちょっと、感動。
カーテンを下ろすのも惜しい気がした。




初めて逢うお友達の目印になればいいかな?
シュシュを帽子につけてみた!
案外・・・イケル!!


東京駅〜銀座。




お友達とランチしたホテルのレストラン。
個室で良かった〜♪
幹事のぴあのんちゃん・・ありがとう!

キツキツのお部屋が逆に一体感あって良かった。




ランチして、お茶して、夕食まで付き合ってくれてありがとう。

夜の銀座・・・。

夕方から降りだした雨。
傘を娘に貸してしまって・・光ちゃんと相合傘♪
背の高さが一番近かったから、バランスよかったよね?
でも傘を持ってくれた光ちゃんの肩の方がはみ出しちゃってたね!
ありがとう〜。光ちゃん。


そして・・・ゆうまるちゃん・ぴーすちゃん。美味しいお土産ありがとう〜♪


みなさんのおかげでTOKYOを楽しむことができました。


ブログで出逢ったお友達と実際に会う・・・ドキドキで不安で・・楽しみで・・・。
上手く表現できないこの気持ち。
初対面なのに、昔から知ってた・・・みたいな!?


ひよこをいつも応援して下さっているみなさん。ありがとうございます。
こんなひよこですが、お近くへいらっしゃるおりには、ぜひお声をかけて下さると嬉しいです。(愛知県在住)

そして、ひよこも出かける時にはブログでお知らせしたいと思います。



一人でも多くのあなたとお喋りできたら・・・うれしい。       (・e・)


再発乳がん長期生存の必殺技!
 

厳しい残暑と爽やかな秋晴れの昨日…今日。

日中の最高気温30度以上と真夏日を思わせる日差しでも、木陰に入ると秋風が心地いい。



「再発乳がん長期生存の必殺技!」と大義名分を主張して…お出かけしてきました。

行き先は 蓼科 バラクライングリッシュガーデン。



病を通じて知り合ったお友達と2人で。

あっという間の1泊2日の旅でした。


雑誌『がんサポート』にこんな記事が記載されていた。

「再発患者さんの中には病気を意識するあまり、生活を自己規制する傾向もうかがえます。体にさわるからと外出を控え、それまで続けていた趣味やスポーツを止めてしまうなど、身体のみならず生活までもがんに縛られてしまう人も少なくはないのです。そうして生活そのものが病気に支配された状態で、たとえ長生きできたとしても『人生を謳歌した』と言えるでしょうか?

こう指摘するのは、国際医療福祉大学付属三田病院乳腺センター医師の岡崎みさとDr。

さらにこう綴ってある。
「そうした危険を回避するためにも、岡崎Drは再発患者さんには「ほどほどにおおらかな生活」を提案しているという。
「もちろん『適度』というのがポイントですが、月に一度や二度はお酒を飲むなどしてハメをはずしてもかまわない。積極的に外に出て、人と会って話すことが症状を抑えるうえでも役立ちます。病気に振り回されるのでなく、人生を主体的に生きてこそ、主治医を信頼し、前向きに治療に向き合えるのではないでしょうか」

さらに、家族と共に生活を楽しむこと。  
自分がやりたいことに向かうことに時間を費やす。
いくつもの楽しみの引き出しを持つ。
……など。

                              

なるほど…と納得したひよこは『花を愛でる旅・お喋りを楽しむ旅』を楽しんできた。
長期生存のためには最もらしい理由ということにして…(^^;)



「秋色」をテーマにピックアップしてみました♪



◆黄金アカシア。。。 学名 Robinia pseudoacacia 'Frisia'
バラクライングリッシュガーデンのシンボルツリー  アカシアは、ここから日本に広まったそうです。






◆チョコレート色のダリア。。。  シルバーウィークの最終日23日までダリア・ウィークと題したイベント開催中でした。
ぽんぽんダリアくらいしか知らなかったひよこは、ダリアの種類の多さに驚きました。




◆野葡萄。。。夏に咲く緑色の小さな花は目だたないのに、秋になると宝石のような実をつける。


一房の中に白緑色・淡紫色・瑠璃色・赤紫色とさまざまの色の実があり、人々の目を楽しませ魅了する。

ちなみに食用できないとか。。。多少有毒とする説もあるようです。

こんな瑠璃色の実…あまり見ないよね?




◆ワイルドストロベリー。。。よーく見ると紅い実がついてる…!

葉っぱがいい感じに紅葉していてちょっとびっくり。自宅で育てた時には夏が越せなかったから。





◆またまた…秋色。チョコレートコスモス。。。

ビロードのような輝きがあります。素敵♪





◆秋明菊。。。和のお花なのに…モダンな感じがイイ。

風になびいて魅せてくれました。





◆おなじみコスモス 秋桜。。。

斑入りは珍しいね。

Cosmosはギリシア語で「飾り、美麗」を意味し、その花の美しさにちなむ名であるという。

外国産の草花ながら、今ではすっかり日本の秋に溶け込んでしまっている花。好きです♪


秋色ラインナップでアップしてみました。「秋色の時間」共有していただけたでしょうか…?




昨年の今頃は…病院のベッドの上だった。

脊椎への多発骨転移がみつかり、特にひどかった頸椎への放射線治療のために入院していた。
病院の窓から紅葉していく木々を眺めて…病院の窓から秋を探していた。

1年後に蓼科へ旅する日が来るなんて…想いもしなかった…あの頃。
こうしてブログを書いている自分なんて…とても想像できなかった…あの時。

主人が言う。
「あの時は…正直、もうこのままずーっと入院生活になってしまうんじゃないか…?と覚悟した。」と。
ひよこ本人は退院する気満々だったけれど(^^;)


あちこちに転移していても、怖がらず勇気をもって治療をしてみると明るい未来がある!

あきらめないでその時その時の状況に合わせて…最善の治療を受ければ、希望が見えてくる!!

エンドレスな…手探りの再発治療も…



小倉先生と帯津先生のお言葉をおかりして…

☆ 『ファイティング・スピリッツ』 で 『今日よりも、よい明日』 ☆      (・e・) 




伊豆・横浜癒しの旅、2夜連続“地震”の旅



ひよこ 元気です♪


お盆休みを利用して 気分転換 してきました!

8月9日から伊豆・横浜へ2泊3日、主人と2人でノープランの気ままな旅でした。



台風の動きが心配されましたが、初日は何とか雨に降られることもなく伊豆へ。




出発時の空。怪しげですよね〜。
山間の高速道路ではナビ付属のTVも電波の受信状況が悪くて…
思いがけず携帯のワンセグ機能が役立ちました。




そしてこんな雲…今思うと地震雲?だったのかも…?


ラッキーなことに富士山がぼんやり…見えました!!
日本一の山 富士山が見えるだけで興奮してしまう♪
一度だけ山頂まで登った事があるけれど、やっぱり遠く離れた所から眺める富士山が一番すき!
見るだけでテンションが上がる。



河津温泉までの道中、修善寺に立ち寄りました。
何度も伊豆方面へ旅する機会はあったものの、いつも通過するだけで…今回、初めて散策してきました(^^;)

修禅寺



弘法大師の石像。。。柔和なお顔に思わずひきこまれました!
修行を積むとこんなにも穏やかな表情が滲み出るのでしょうか?




駐車場のおじさんお奨めの竹林






独特の雰囲気に…心が洗われる。
しんとした静けさのなかで、この世の煩わしさがバカバカしく思えたりしました。

小一時間散策をして、次は 天城越。

天城越…と言えば 浄連の滝 ♪あなたと〜越えたい…天城〜越♪♪





毎日猛暑が続いていますが、少しは涼しさがお届けできたでしょうか?
天然マイナスイオン。。。




天城トンネルを抜けて、宿泊地まで無事に到着できました。





泊まった宿は、割烹旅館。
一日4組 限定。 岩風呂の家族湯あり。(ちょっとした露天風呂くらいの広さ)
宿泊費もお値打ちな感じ。。。
リピーターもさぞや多いことと思えてしまう程、ちょっといい感じのお宿です。
ひよこは乳がんの手術で全摘しているから、こんな旅館はとても居心地がいい♪
夏にばかり訪れているから、今度は違う季節にまた訪れてみたいな!

そして食事がまた美味しい!!
当然アルコールもすすんでしまう(^^;)
そんなにたくさん飲んだわけでもないのに、デザートを目前にして…つぶれてしまいました。
飲み過ぎて、心配かけて…ごめんなさい。

今週はゼローダも服用している。
やっぱり手術をしてから…化学療法を始めてからは 思うように飲めない(>_<)
それくらいが 病気の体にはいいのかも?

体調不良で横になっていると、グラグラ…グラグラ…『?地震??』
と目をさますと、まだ揺れていて…なかなかおさまらない。
息子から電話がかかってきた。
「伊豆のほう、結構揺れたみたいだけど大丈夫?」って。


揺れてる時間が長かったから。。。いよいよ、東海沖地震か?と思ってしまうくらい不安な揺れ方だった。


翌日は心配された二日酔いの症状もなく横浜へ。





横浜ランドマーク・タワー
娘が今年の春、お友達家族と泊まったホテル。ゴージャス〜!!

早速パシフィコ横浜の『海のエジプト展』楽しんできました。(見どころの情報ありがとう!)
エジプト…行ってみたくなるよね〜!

周遊バスあかいくつに乗って元町へ。
元町から中華街をぶらぶらして…限界。
もう歩けない(>_<)
夕食を済ませてホテルへ帰った。

山下公園近くのホテルから、100万$ナイトとは言えないけれど…8階の部屋の窓から見える夜景に…絶句。感動。
夢中でシャッターを切った。








横浜 みなとみらい 素敵な街ですね!

開港150周年と歴史も古く…建造物もクラシカルで魅力的。
歌にも詠まれる理由がうなずける。
ブルーライトヨコハマ♪よこはまたそがれ♪伊勢崎町ブルース…♪♪

また訪れてみたい。

明け方、5時07分突然、携帯電話が激しく鳴った!
『も〜、何でこんな時間にアラーム鳴らすわけ〜』って、てっきり主人の仕業だと思って目を覚ますと…激しく揺れた!

エリアメールだった。

昨夜の地震よりも更に大きく長い時間揺れて…あまりの恐怖からどうしていいのかわからずに、とりあえずドレッサーの下に潜り込んだ!
主人に笑われた!!

それにしても携帯機能に感動しました。
命を救ってくれるかもしれない、緊急エリアメール。
いずれ起こるであろう東海地震に備えての貴重な経験でした。

しかし、この地震の爪痕は悲惨な結末となった。



大動脈でもある東名高速道路が通行止め?
じゃあ、中央自動車道で帰ることになるの?
下道で帰るの?

慌てて横浜を後にして…家路へと急いだ。
ナビで自宅到着時間を確認したら午前零時30分だった(>_<)



もう少し横浜でゆっくりできたら…と後悔は残るけれど
美味しく食事ができ・きれいと感動でき・楽しいと実感し・生きていることが嬉しい…そんな今を生かされていることが有り難い。


カメラを手にするようになって、また旅の楽しみが増えました(^o^)



自己満足な紀行日記に飽きずにお付き合いいただき ありがとうございます♪




みなさんも楽しい夏休みを!                (・e・)


 

ETC1000円割引 2人旅 その
今日は夏日。
爽やかを通り越して、暑かった…(^^;)  

G.Wを利用して「安曇野・飛騨」の旅を満喫してきました。
来年はないかもしれない…と思うと、多少の無理は覚悟してでも行きたかった!

高速道路、どこまで走っても1000円。のお得な割引を利用して…(^o^)
ノー・プラン の主人との2人旅でした☆



乗鞍かな…?
山はどれもよく似ていてわかんない!?
でも、快晴であったため、雲に隠れることなく壮大な雪山を見ることができました!



山裾は、菜の花から幾種類もの桜まで、色とりどりの新緑を背景に、絵画を見ているような錯覚に陥るほど、美しいです。
空気も・山の湧き水もおいしい!!!
何度も何度も飽きずに訪れる所以かも…。



旅の目的の一つ、『足湯』
15分間、浸かると効能があるそうです♪
自宅の近くにもあったらいいのになあぁ〜

もう一つの旅の目的は、お気に入りの蕎麦屋でお蕎麦を頂くことでした。
蕎麦がなくなり次第終了…というお店だから、絶対にはずせない!!と気合いを入れて、開店30分前には到着して待つ…という万全の体制でいどみました!
なんと努力の甲斐あって、一番に到着しました。



お蕎麦は期待を裏切ることなく、いつも美味しくて…5ツ★
そのお蕎麦に、負けず劣らず美味しいのが「御新香盛り合わせ」
ひよこが、お蕎麦より楽しみにしている一品?です。
新鮮なお野菜は歯ごたえバッチリ!
お味も、香りも、盛りつけに至るまで満足のメニューばかりです。。。

自宅に帰ってからは、連日お天気が悪く体調も悪い(>_<)
おまけに、ゼローダも始まっちゃったし…ちょっとくたばってました…。

G.Wの気分も抜けず、いつもの生活のペースがつかめません。
5月病かなぁ。。。   (・e・)
















3人旅 京都編その2
旅の終わりは、実にスリリング?!でした…。

清水寺から坂を下ってバスに乗ったのが3時。
目指すは北野天満宮!
京都の街をバスの窓越しに観光しながら、ゆらり揺られて…到着。

「お母さんは入り口で待ってるから、ダッシュで行っておいで…。」
「うん。お参りしたらすぐ戻ってくるから…」
学問の神様を敬うけなげな彼女が…なんともいじらしい。。。
母も大学合格を祈願せねば…と思い、かなり疲れた身体にムチ打って歩き出した。

大鳥居をくぐって歩き出すと…途中、学問の神様のシンボルでもある『うし』さんに出逢い、頭をなでなで。
更に歩いていくと…その『うし』さんの数の多さにビックリ!!
数えきれないくらい…いらっしゃるんですね〜。


その中で一番のお気に入りの『子うし』ちゃん。
大きなお目々がくりくりして、めっちゃ!かわゆい!!
何度も何度も、なでなでしてきました。

ひよこが本殿へたどり着く前に、娘が息を切らせて戻ってきました!
「急ごっ〜!」
って言って、またバス停へ向かう。
ひよこは言われるがまま、娘の後を追う。

次に目指すは、大学前。
その日はたまたま大学の入学式だったようです。
キャンパス内へ入っていったと思ったらすぐに帰ってくる娘。
「………?」
「サークルの勧誘とかが盛んで、とても気楽に見学なんてできない…(>_<)」
「でも、雰囲気はわかったから、もういいや〜」
と、特に未練もない様子。

帰りの京都駅行きのバスに乗ったのが4時半頃。
息子とは5時に京都駅で待ち合わせになっている。
とても間に合いそうもないからとりあえず遅れるとメールしておいた。

帰りのバスもオリエンテーションを終えた新入生の学生さんたちで満員状態。
若い子に囲まれて、おばさんは一人浮いていた…かも?

5時ちょっと過ぎに京都駅に着いて、急いでお土産を買って…。
デパ地下で迷わず八つ橋とおつけものをチョイス。
コインロッカーまで荷物を取りに足早に歩き…。
何とか新幹線の改札口に辿り着いたのが5時半。
「よかった〜。余裕じゃん!!」
息子にメールした。

5時40分。
待てども待てども…息子が来ない。
電話をすると
「お母さん達が待っている改札口まで行けないからホームで待ってるから…」
ひよこも息子が今居る場所がよくわからないからそっちまで行くこともできない。
「ああ、そう?じゃぁ、新幹線のホームで…。」
って電話を切るやいなや
「特急券がないとホームへ入れん!!!」
って電話がかかってきた。

今朝、チェック・アウトする前に息子の部屋を覗いて、とりあえず乗車券だけ渡してきた。
なぜなら、息子が特急券を落としたりでもしたら…と心配だったから。
こんなことになるんだったら、両方渡しておけば良かった…。

新幹線の発車時刻は刻々と迫っている。
後悔なんてしている場合ではない。
もうひよこはパニック状態。
娘の顔つきが変わった。
「私と○○(弟)の切符貸して!私が○○探して来るから、お母さんはこの荷物もって、ホームまで先に行ってて!!」
と、いたって冷静にひよこに采配を振る。
「わかった。お願いね…」
言い終わる前にもう娘は電話をかけながら走り出していた。

重たい荷物を引きながらホームまで一人で歩いて…時計を見ると5時45分。
発車時刻は6時2分。
子供達は間に合うのか……?
二人はうまく出会うことができたのか……?

10分前…まだ来ない。
「お願い、早くきて…」
5分前…まだ来ない。
心臓がバクバクしてくる。

ホームをきょろきょろ見渡しても二人の姿はない。
もう次の列車でもいいか〜自由席で帰ろう。。
とあきらめかけていたその瞬間、遠くから歩いて来る娘の姿が目に入った。

思わず娘の名前を叫んで、手を挙げて大きく振った。
「良かった〜!間に合ったね〜!!ありがとう!!!」
娘の後ろにはばつの悪そうな顔をした息子がいた。

もう、こんなハラハラ・ドキドキは二度とごめんだ。
そして、娘の冷静な判断力と行動力に完敗(乾杯)☆

もう、あなたは何処でも一人で生きて行けるよ。
大学も自分の好きなところへ行けばいい。

母は最大の努力をして応援するからね…♪ 

第一希望の大学に合格できますように…♪       (・e・)  


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村











3人旅・京都編 その1
昨日は予想外の雨降りで…肌寒い一日でしたね。
今日は午後からようやく春めいてきて、絶好のお花見日よりとなりました!
ひよこも今日を逃してはならぬ!との勢いで、カメラ片手にご近所を散策してきました。
満開の桜を待ち望んで大勢の人が思い思いに楽しんでいました。
なぜ日本人はこれほど桜を愛でるのでしょうかね〜\(^o^)/


さて、お待たせしました。
3人旅の続編です。
翌日は大阪・難波から京都へ移動しました。
息子とは昨日難波駅に到着してから解散したまま、ホテルも別室であったためそのままほかして、娘と二人だけでチェック・アウトして京都目指しました!

朝、ホテルを出て風の冷たさにビックリ!!
真冬を思わせるような冷たい風の中、難波駅めざしてひたすら早歩き。
娘に付いて行くのが精一杯。
途中、階段なんてあると息も切れ切れで…娘に叱咤激励?されながらも何とかがんばりました。
「お母さん!そんなことじゃぁ、何処へも行けんよ!!」って。
「だって、しょうがないじゃん。お母さん病気なんだもん。健康な人の様には歩けません!!」

出かける前は、ひよこは一人で京都駅近くをゆっくり散策しつつお茶でもして時間をつぶそうと思っていましたが、こうして娘と出かける機会もこの先もう無いかもしれない…と思ったら、もったいない気がして、結局二人で一緒に行動することにしました。
大阪も何とか一緒にクリアできたし…たぶん大丈夫?!

市バスの一日フリー券を購入して、先ずは清水寺目指しました。
娘は大の京都ファンで今年3度目の京都旅行。
「京都なら私にまかせて!!」
と言う彼女。
なんと逞しくこころ強いことか…。
母は安心して気楽について行けます。。。(^o^)



先ずは清水寺。地主神社で懸命にお参りして『大吉』のおみくじにご機嫌の娘。
意中の彼でもいるのかしら…気になるぅ〜。
まあ、想っているうちが一番楽しいんだからね!そ〜っとしておこう。。。
清水寺から風情ある石畳の坂を下る途中、八坂の塔がそびえ立ってみえました。
歴史を感じますぅ〜。
坂の両側には昔ながらの町家が残り、ぶらり歩くには京情緒たっぷりの人気のコースだそうです。
外人さんも多くて(半分は外人さんでは?)やっっぱり、JAPANと言えば京都なんでしょうかね〜?



みごとな満開のしだれ桜をくぐり抜け、お昼を頂くのも忘れて両側にずらりと並ぶお洒落なみやげ店に魅せられて…買い物三昧?

娘は記念にと、以前から目をつけていたらしい『本ツゲの櫛』を買いました。
併せて縮緬のケースも。
ストレートの黒髪をすくにはぴったり!かも。
いいお買い物ができました。一生ものだから大事にしなさいね!

ひよこは、記念に主人とお揃いのお箸、よ-じやで紅筆と『ゆず艶や』グロス。
おみやげによ-じやの春限定あぶらとり紙、一味とうがらし、桜茶、ちりめんじゃこの佃煮、漬け物、はずせないのは生八つ橋。これまた春限定バージョン。桜の葉が八つ橋の皮に練りこまれてるみたいな…皮もさくらピンク!!
『○○限定!』と言う言葉に弱いのはひよこだけでしょうか?

そんなことをしているともう2時半。
まだ京都へきた本来の目的が達成されていません(^^;)
2カ所も残ってるけど…大丈夫?
「行ける!行ける!まかせて!!」
と時計とにらめっこしながら余裕な発言をする娘。
いつのまにか母を超えてしまっているね…。。。

6時の新幹線に間に合うのか…もうすでに心配なひよこです。  (・e・)

























3人旅・大阪編
今日は久しぶりに暖かくて…お外が気持ちいいですね♪

行ってきました!
大阪・京都…3人旅。
最後にハラハラ・ドキドキはあったけれど、とりあえず大きなアクシデントもなく帰って来ることができました。
今度の旅で、今さらですが子供たちの成長をあらためて実感しました。
若い二人の行動力に驚きました!
もう、一人で何処へでも行けるね!!
嬉しいやら、悲しいやら、複雑な思いですね〜。。

1日目の大阪。
午後から予想外の雨にあわてて100円ショップで傘を買って…冷たい風とにわか雨の中、夕方から大阪城へ行って来ました。



ギンガムチェックがひよこです。
ダウンジャケットが欲しいくらい寒くて…思いがけずショールが大活躍でした!



偶然なことに、ひよこが初めて大阪城を訪れたのも、今の娘と同じ高校2年の春休みでした!なんか不思議〜な感じ。



桜の花も、ほどよく咲いて…満開までにはもう2,3日って感じ。
今週末はお花見の人で賑やかになるんでしょうね。
そうそう、センバツ甲子園の準優勝校の花巻東の応援団の生徒たちに遭遇しました!
決勝を明日に控えて勝利の祈願?じゃあないよね(^^;)
大阪城の見物を兼ねての夕食かな?
優勝は逃してしまったけれど、立派なもんですよ!おめでとう!!
夏にリベンジだ。

帰ろうとするとまたポツポツと雨が降ってきて…
もういい加減疲れてるし、寒いし…一刻も早くホテルに帰りたかったから、贅沢してタクシーに乗っちゃった(^o^)

「道頓堀まで…」って、うふふっ…非日常的で素敵☆  (・e・)








退院後の毎日はとても閉鎖的な日々だった。

自室にこもり、リハビリとパソコンと時々クロスワード(笑)
『がん』と言うレッテルを貼られた自分が負け犬に思えてならなかった。
ひよこの人生設計に『がん』なんて想定外だった。
動揺して…うろたえて…余命を意識して…人生投げ出したい気分だった。

突然の『乳がん』の宣告から、あれよあれよと進んでいった手術・入院・退院の日まで、
冷静に考える時間なんてなかった。
知識を求めて『乳がん』に関する書籍を読みあさり、『がん』に効くという健康食品に手を出した。
「末期がんからの生還!」なんていう生々しい本なんて興味津々で何冊も読んだ。
「私は○○でがんを克服した!」とか「驚異の効き目!○○のパワー」とか…
藁をも縋りたいがん患者にとって魅力的な見出しにとても惹かれた。
しかし、あまりにもそのたぐいの物が多すぎて何を選択すればいいのか正直迷った。

価格もピンキリで、人間の?ひよこの心理的には高い方が効き目があるような気がした。
でもがん保険に入っていなかったひよこは経済的に余裕があるはずもなく、かといって相手は『がん』。
悪性新生物なのだから…何もせず経過観察なんて気持ちの余裕はない。

一つだけ頼ってみることにした。
主人は「それでおまえの気持ちが落ち着くのなら試してみたらいい…。でも過剰な期待はするな。」と言って薬局へ一緒に行って注文してくれた。
アガリクス。
高濃度が宣伝文句の濃縮液体タイプの製品を飲んでみることにした。
今思うと、何の医学的立証もない物に無駄なお金を使ってしまった事を後悔している。

でも、「信じて飲む」事に意味はあると思う。信じるという気持ちがNK細胞を活性化させると言う点においては納得できるから。

でもでも、無駄に高くて恐ろしく不気味な味(>_<)
長くは続かなかった。

お次は……!?








無事帰還!
無事、帰ってきました。

疲れました……・(>_<)・
でも、楽しかったです!!!

詳しくは、明日報告したいと思います☆   (・e・)