2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 桜 さくら saku…LOVE | main | 晩春…惜春 >>
3人旅 京都編その2
旅の終わりは、実にスリリング?!でした…。

清水寺から坂を下ってバスに乗ったのが3時。
目指すは北野天満宮!
京都の街をバスの窓越しに観光しながら、ゆらり揺られて…到着。

「お母さんは入り口で待ってるから、ダッシュで行っておいで…。」
「うん。お参りしたらすぐ戻ってくるから…」
学問の神様を敬うけなげな彼女が…なんともいじらしい。。。
母も大学合格を祈願せねば…と思い、かなり疲れた身体にムチ打って歩き出した。

大鳥居をくぐって歩き出すと…途中、学問の神様のシンボルでもある『うし』さんに出逢い、頭をなでなで。
更に歩いていくと…その『うし』さんの数の多さにビックリ!!
数えきれないくらい…いらっしゃるんですね〜。


その中で一番のお気に入りの『子うし』ちゃん。
大きなお目々がくりくりして、めっちゃ!かわゆい!!
何度も何度も、なでなでしてきました。

ひよこが本殿へたどり着く前に、娘が息を切らせて戻ってきました!
「急ごっ〜!」
って言って、またバス停へ向かう。
ひよこは言われるがまま、娘の後を追う。

次に目指すは、大学前。
その日はたまたま大学の入学式だったようです。
キャンパス内へ入っていったと思ったらすぐに帰ってくる娘。
「………?」
「サークルの勧誘とかが盛んで、とても気楽に見学なんてできない…(>_<)」
「でも、雰囲気はわかったから、もういいや〜」
と、特に未練もない様子。

帰りの京都駅行きのバスに乗ったのが4時半頃。
息子とは5時に京都駅で待ち合わせになっている。
とても間に合いそうもないからとりあえず遅れるとメールしておいた。

帰りのバスもオリエンテーションを終えた新入生の学生さんたちで満員状態。
若い子に囲まれて、おばさんは一人浮いていた…かも?

5時ちょっと過ぎに京都駅に着いて、急いでお土産を買って…。
デパ地下で迷わず八つ橋とおつけものをチョイス。
コインロッカーまで荷物を取りに足早に歩き…。
何とか新幹線の改札口に辿り着いたのが5時半。
「よかった〜。余裕じゃん!!」
息子にメールした。

5時40分。
待てども待てども…息子が来ない。
電話をすると
「お母さん達が待っている改札口まで行けないからホームで待ってるから…」
ひよこも息子が今居る場所がよくわからないからそっちまで行くこともできない。
「ああ、そう?じゃぁ、新幹線のホームで…。」
って電話を切るやいなや
「特急券がないとホームへ入れん!!!」
って電話がかかってきた。

今朝、チェック・アウトする前に息子の部屋を覗いて、とりあえず乗車券だけ渡してきた。
なぜなら、息子が特急券を落としたりでもしたら…と心配だったから。
こんなことになるんだったら、両方渡しておけば良かった…。

新幹線の発車時刻は刻々と迫っている。
後悔なんてしている場合ではない。
もうひよこはパニック状態。
娘の顔つきが変わった。
「私と○○(弟)の切符貸して!私が○○探して来るから、お母さんはこの荷物もって、ホームまで先に行ってて!!」
と、いたって冷静にひよこに采配を振る。
「わかった。お願いね…」
言い終わる前にもう娘は電話をかけながら走り出していた。

重たい荷物を引きながらホームまで一人で歩いて…時計を見ると5時45分。
発車時刻は6時2分。
子供達は間に合うのか……?
二人はうまく出会うことができたのか……?

10分前…まだ来ない。
「お願い、早くきて…」
5分前…まだ来ない。
心臓がバクバクしてくる。

ホームをきょろきょろ見渡しても二人の姿はない。
もう次の列車でもいいか〜自由席で帰ろう。。
とあきらめかけていたその瞬間、遠くから歩いて来る娘の姿が目に入った。

思わず娘の名前を叫んで、手を挙げて大きく振った。
「良かった〜!間に合ったね〜!!ありがとう!!!」
娘の後ろにはばつの悪そうな顔をした息子がいた。

もう、こんなハラハラ・ドキドキは二度とごめんだ。
そして、娘の冷静な判断力と行動力に完敗(乾杯)☆

もう、あなたは何処でも一人で生きて行けるよ。
大学も自分の好きなところへ行けばいい。

母は最大の努力をして応援するからね…♪ 

第一希望の大学に合格できますように…♪       (・e・)  


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村











スポンサーサイト
ひよこちゃん♪

娘ちゃんよくやった! 拍手!
チェックの服を着て、たくさんの荷物を持ってホームに向かうひよこちゃんと、颯爽と駈け出して行く娘ちゃんを想像しながら、記事を読んでたよぉ〜

間に合って良かったね☆
スリリングで楽しい思い出になったね♪
みみ | 2009/04/13 17:36
★ みみちゃん

も〜二度とごめん!って気持ち。
息子もわからきゃ駅員さんに聞けばいいのに…
母親には反抗的なところもあるしね…難しいわぁ〜あの年代の子は!
           (・e・)
| 2009/04/14 20:56
COMMENT