2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 平成24年1月  | main | 平成24年1月  >>
平成24年1月 

120

 一緒に子供たちに会いに行くか、随分悩んだ。体調はほんの少しずつではあるが良い方向へ向かっていた。この機会を逃したら、もう二度と東京へは行けないかもしれない。しかし、遠出をすることは、無謀とも思われた。上京する日は、121日と決めてあった。
 当日の朝、決断することにした。

 
スポンサーサイト
久しく更新が途絶えていましたので、とても案じておりました。
ひよこさんのご主人様、その後、いかがお過ごしでしょうか。

春になったとはいえ、まだ寒暖の差が大きく、体調を崩しやすい時期です。どうぞ、くれぐれも御身ご自愛のほど、ご無理はなさらないようにお願いいたします。
ロッキングチェア | 2013/04/11 20:22
ロッキングチェア様へ
 
 私のことを心にかけていただき、ありがとうございます。うまく言えませんが、先回の更新以降、書く意欲がまったく無くなってしまいしました。冬は、心を閉ざそうとする作用があるのかもしれません。
 
「鬱」ではありませんが、気持ちは鬱ぎがちでした。明るくはつらつとしている人、楽しそうにしている人たちが羨ましく、町に出ることはほとんどありません。
 
 ロッキングチェア様のブログ、拝見いたしました。前向きに病に立ち向かう姿勢に比べ、健康である私の今の生活は、お恥ずかしい限りです。

 ようやく春が訪れました。前を見て、胸を張って行こうと思います。ロッキングチェア様も、お体ご自愛ください。




 
ひよこの家族 | 2013/04/11 23:21
ひよこさんのご主人様、こんばんは。

お返事どうもありがとうございました。
とても心動かされました。今夜のブログで頂いたお返事コメントを転載させて頂き、記事としてアップいたしましたので、取り急ぎご報告いたします。

ひよこさんのこと、決して忘れません。
ひよこさんに恥ずかしくないように、これからも細く長く頑張りすぎずに治療を続けてまいります。

ロッキングチェア | 2013/04/13 20:30
二年前に楽しかった生活が難病と鬱病により一変してしまった私の生き方に勇気を与えてくださったのがひよこさんのブログでした。ひよこさん!あなたは亡くなられてからも私の心の中で毎日生きています。私の悩みに応えてくれたり慰めてくれたり…。今でもブログの過去の記事を読み返しひよこさんのようになりたいと切に願い努力をしています。ご主人様ブログを続けてくださいね&#8252;
サチ | 2013/04/14 00:51
サチ様へ

 いろいろな人たちから、今も慕われていることを知ったら、家内もきっと喜ぶことでしょう。
 難病に苦しむ方、完治の見込めない病に立ち向かっている方々に、かけるお言葉が見つかりません。その苦しみは、当人しか理解できないと思っています。
 月並みな言葉になってしまいますが、サチ様のご快癒をお祈りいたします。
ひよこの家族 | 2013/04/14 17:00
ご主人さま
初めまして。 ひよこちゃんとは数回、東京や岡崎でお目にかかりました。 お嬢様ともご一緒したことも。
私にとって、彼女は自慢の妹でした。辛い治療に耐え、ブログを通して沢山の仲間に力と勇気を与えてくれました。亡くなったことは本当に辛いし、淋しいですが、今も彼女は私の心の中で輝いています。
心からありがとうと伝えたいです。ご主人を通してひよこちゃんに会えること嬉しいです。無理なさらずご自身のお身体も大切になさってくださいね。
リリー | 2013/04/18 17:48
リリー様へ

 リリー様のことは、生前、妻から聞いておりました。その節は、わざわざ岡崎までお越しいただき、ありがとうございました。
 無理をせず、少しずつ、マイペースで綴っていきます。
 
ひよこの家族 | 2013/04/21 16:47
こんにちは。
今、ひよこさんの写真のスライドショーを見ています。
ひよこさんの見ていたもの、その時の気持ち、
何か胸にあふれてくるようです。

何気ないものをさりげなく映しながら、構図にも
色合いにも巧みさだけでは撮れない優しさが満ちていて、
カメラではなく、心で写真を撮られていたんだなあと思います。
私も少し写真を撮りますが、何かが決定的に違う、と感じました。
生命の限りを知っていたからこそなのか、もともと
ひよこさんの中に光るものがあったのか。

写真を撮るということに巡りあい、いまなお、こうして
私達に写真を通し文章をとおして語りかけ、感動を与えてくれる
ひよこさんに、あらためて感謝したいと思います。

私も乳がんを患って、再発におびえながら日々を
送っています。
ひよこさんのような写真が撮りたい、ひよこさんの
ように生きた証を残したい。

そんな思いで、ときどきまた、ここに来させて
いただきます。

ご主人もお辛いでしょうが、月並みですみませんが、
お身体をどうぞご自愛ください。
つばさ | 2013/04/24 22:54
つばさ様へ

 妻のブログに目を通していただき、ありがとうございます。つばさ様のコメントを読み、写真を撮ることに夢中だった頃の妻を思い出しました。庭のヤマボウシが花をつけました。妻の好きな樹の一つでした。
 つばさ様のご多幸をお祈りいたします。
ひよこの家族 | 2013/05/17 20:34
COMMENT