2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 平成23年12月  | main | 平成24年1月  >>
平成23年12月 
 


12
27

この年最後の通院日だった。医師に一年間のお礼をし、ゾメタの点滴をした。午後、娘が帰省した。娘の元気な姿を見て、笑顔がこぼれた。

 


12
29

息子が帰省する。家族が揃い、久しぶりに賑やかな時間となった。

 


12
31

我慢しているのか、子供たちに会って安心したのか、この数日は、頭痛・吐き気はおさまっていた。

9月以降、辛い状況が続いていたが、何とか2011年を乗り越えることができた。

スポンサーサイト
ご家族様

ひよこさんがいなくなり、辛い日々が続いていることとおもいます。

わたしの心の中では、ひよこさんは永遠の存在です。

華奢なからだで、必死に生き続けようと努力され続けたひよこさん。

彼女からもらったたくさんの宝物を糧に、わたしたちに残された人生を有意義に送ること。
それが何よりのご恩返しではないかと思っています。
寒い日が続きますが、くれぐれもご自愛くださいませ。
marimo | 2013/01/21 04:16
COMMENT