2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< マーカー値上昇 | main | 霰粒腫 >>
がん治療最後の壁
 


『再発 がん治療最後の壁』

田中秀一著  





著者が医師でも患者でもなく、読売新聞 医療情報部長 という肩書きに興味を持ち、読んでみた。




本文中には、再発したがんは「完治させることはできない」「画像上消えても治ったことにはならない」「治療が難しい」・・・など、多発性進行がんを生きている私にとって厳しい言葉が何度も繰り返され、気持ちが萎えてしまいそうだった。
一方、新しい治療法や緩和ケアによる延命効果の実例からは、逆に生きる勇気をいただけた。

がん再発とは、に始まり、がん再発にどう向き合うか、で締めくくられているこの一冊から、日々の生活であまり考えないようにしている“余命を生きる”ということを、今一度考えさせられた。

今日まで私は、<腫瘍マーカーを下げる><転移病巣を縮小させる>ことを目標に抗がん剤治療を続けてきた。
でもこの本を読み、抗がん剤の使い方に新たな気づきを得た。
それは「抗がん剤は患者さんを幸せにしているのか?」と疑問を投げかける医師の言葉にあった。
その医師は「本当の治療目標は、患者さんの幸福に直結するものであるはずで、進行がんの場合に目指すべきなのは、QOLの改善と延命効果です。これを『がんと長くつきあうこと』だと説明しています」とおっしゃっている。

患者の幸せとは・・
一人ひとりの患者さんの価値観により、何を幸せとするのか人それぞれだろう。
私の幸せは、がんと共存しながら一日でも遠い未来を生きること、つまりその医師の言葉通り、がんと長くつきあうこと。
そのために抗がん剤治療をしている。
幸せに繋がっているはずの抗がん剤治療だけれど、がんと長くつきあえるのかどうか、誰も教えてくれない。


最後の壁を越えられる日はくるだろうか。 (・e・)


   
スポンサーサイト
 こんにちわ。ひよこちゃん!

体調はいかがですか?

緩和ケアは本来、がん治療と並行してあるべきものなのに、終末期のものって誤解されているのが残念です。

体調のすぐれない時や、痛みのある時には、緩和ケアを受けて楽になる人もいます。

医療と上手く付き合っていきたいですね。

私もその本読んでみたいと思います。

暑い毎日、自分に甘くタラタラ行きましょう!
たえこ | 2011/07/30 09:07
乳がん肝転移で亡くなった私の母は、最後は緩和ケア病棟に入りました。
誰の目にももう治療が無理なほど衰弱していて(しかも効くはずの薬は効かなくてただ衰弱を促進しただけだった)、それでも本人も家族も「緩和ケア病棟だなんて……もう諦めろってことじゃないか」という抵抗で迷っていましたが、私は移ったほういいと思いました。
一般病棟にいる限り「治療を受けなくてはいけない」環境に身を置き続けなくてはならない。
それはとてもむごいことに思えました。

母には「とにかく今は体が楽になることを第一に考えて休もう。緩和ケア病棟だったら治療しないでも入院していられるし、代替療法も自由に試せるし、そこで体力が回復してきたらまた一般病棟に戻って治療を受けることだってできる。そういう人だっているんだよ。べつに緩和ケア病棟だから希望がなくなったわけじゃないんだから」と説明して納得してもらいました。
それは嘘ではなく心からそう思って言ったことです。

結局、それから1週間で母は亡くなってしまいましたが、緩和ケア病棟を選んだことは家族全員が「最良の選択だった」と今でも思っています。

緩和ケア病棟については、まだまだ施設も整っていないし、やっている側も手探りな部分もありますが、「治療しなきゃダメ」という考え方が常識になっている限り、緩和ケア病棟は鬼っ子扱いで敬遠されていくと思います。

「積極的な治療」ばかりが「治療」ではありません。
わずか1週間でしたが、私は緩和ケア病棟で多くのことを学びましたし、もっともっとこのことをがん患者にオープンにするべきだと思いました。

残念ながら、がん治療にあたるほぼ全員の医師が「目の前の腫瘍が消えて見えること」「数値が正常範囲に近づくこと」しか考えていません。
私は「がん」は治らないと思うし(消える=治るでないことは、がん患者の再発の多さが物語っています)、誤解を呼ぶかもしれませんが、治らなくてもいいと思ってます。
がん持ちでも元気で過ごせればいい。
数値があがってもご飯がおいしく食べられて好きな人と過ごせればいい。

今、私が無治療を選択している理由のひとつに、母の経験があります。
もちろん、私は二次発がんだったり、肢体不自由の障害があったりするため、治療のリスクが一般より高すぎるという理由もありますが、それでも医者は「目の前の腫瘍を消すこと」しか考えておらず、今も矢のように治療を勧められています。

いくら治療をしても「死」を避けられる人は誰もいません。
また、どんなに長生きしても「もう充分」とは思わないのが人間です。
がん患者は、健康ならば考えないですむ「死」を考えなければならない苦しみがありますが、これをチャンスと考えると、普通では得られない新しい視界が広がります。
母との最後の1週間でそれを体験しました。

いろいろな立場、考えの人がいると思います。
ご不快になられたらごめんなさい。

http://nanisama2008.blog.shinobi.jp/
小春 | 2011/07/31 11:51
ひよこちゃん、身体は痛みませんか?
ここの所、気温も下がり暑さは楽になりましたが、雨が続くと少々うっとおしいですね?

「再発に完治なし」という言葉を聞いた時、正直、私も目の前が真っ暗になりました。
以来、病気と長く付き合うと腹を括るまで長い時を要しました。
自分の身に起こった事とはいえ、全てを受け入れるのは辛い事かと思います。
でも、日常の中に答えを見出そうと思っています。

自分の治療については、患者の数ほど考えはあろうかと思います。
考えをこうと1つに絞り込むこともないかと思います。
ひよこちゃんが、毎日を楽しめれば上々だと思います。

明日もひよこちゃんと皆様が心安らかに過ごせますように・・
sakura | 2011/07/31 17:43
小春さんのおっしゃること、すごくよくわかります。
私もがんは治らない病気だと思うし、治らなくてもいいと思っています。それはあきらめではなく、がんを受け入れたと言うことです。

がんを告知されたとき早期だったので、私以外の誰もが手術するのが当然と思いました。
でも私は小さながんの存在よりも、その何倍もの大きさの肉体を手術で切り取られることの方が怖かったのです。

そしてそんな大きな犠牲を払っても、この白いかげが本当のがんだったら、いずれ再発、転移はまぬがれないだろうとも思いました。
もっと言えばすでに手術する時点で、画像には写っていない無数のミクロレベルのがんが身体中に散らばっているだろうとも思いました。


だから自分を傷つけてたったひとつのがんをとり除いても意味はないのではないかと思ったのです。
でも自分の意見を通すことは出来ず、泣く泣く摘出手術に臨みました

今画像上の転移はありません。でももしこの先転移が見つかっても私は化学療法等は受けたくありません。
他の方のブログを見ても、副作用の辛さにみあうだけの延命効果があるとは思えないからです。

私の理想は、転移がわかった時点で緩和ケアに移行することです。痛みや辛さを取り除くことだけに専念したいのです。多分私にとってはその方が長く生きられる方法だとと思うからです。

sakuraさんがおっしゃる通り、がん患者の数だけ闘病方法はあると思います。

がんが絶対治るという治療法や薬がまだみつかってないのに、がんを早期発見できる検査だけが先行している事に疑問を持っています。順番が逆だと思います。
今の状況はいたずらにがん患者の数を増やし、死の恐怖を抱きながら、長い闘病生活を送らなければならない人を増やしているだけのような気がするのですが・・・。

ひよこちゃんがこのテーマを投げかけてくれたおかげで、思いの丈を書くことが出来ました。有難うございます。
さつき | 2011/07/31 22:00
さつきさん、ありがとうございます、
まさに同じ気持ちです。
そのように考える方は決して少なくないと思いますが、「完治を信じて治療に励むこと(時には体育会系のような勢いで)ががん患者の行くべき道」という考えがまだまだ主流なだけに、そういう声はあげにくいのが現実です。

ひよこさんのブログを読むたびにその狭間で揺れ動いているのがわかり、なおかつそんなご自分を叱咤して奮い立たせようとしているようにも見え、複雑な気持ちになっていました。
「そんなに治療を絶対視しないほうが…」と何度も言いたかったけれど、ここへ来られる皆さんは「一緒に頑張って治療を乗り越えよう」と励ます方が多いので、そんなことを言ったら気分を害される方がたくさんいらっしゃるのではないかと思い、最小限にコメントしてきました(してきたつもりです)。

でも今、さつきさんのお陰で「コメントしてよかった」と心から思っています。

私は最初のがん(血液)のときは、時代背景や年齢のこともあって告知されないまま治療され、そのときは「先生を信じて頑張って治療を乗り越える」という選択肢しかありませんでしたが、その後病院と医師に決定的に不信感を抱かざるをえない出来事が何度もあって、二次発がんで乳がんを発症したときにはもう西洋医学も医者も完全に信じられなくなっていました。

そんな私でも「無治療」という答えを出すまでは悩み抜きました。
初めてがんになった人なら、医師やネットの情報を信じて頑張って治療を受けようと考えるのが当然だと思います。
最初からさつきさんのように考えられる方はきっと少数派でしょう。
「無治療」を通させてくれる医者はもっともっと少数でしょう(早期ならなおさら)。
さらに、本人が「無治療で」と決めても、今度はまわりの家族がそれを許さないはず。

「より早くたたく」ことが最重要課題となっている西洋医学のがん治療にとって、「人生の大半を苦しみと不安の日々を送ることになる患者」のケアなど二の次三の次なのかもしれませんが、はっきり言って本末転倒だと思います。「治す」という意味が医者と患者では決定的にずれているとしか思えません。

治療を選ぶかどうかは患者本人にしか決められませんが、一度ダメージを受けた体がどうなるのか、医者が問題にしようとしない部分をもっともっと多くの人が声をあげていくべきだと思います。

連続長文お許しを。

http://nanisama2008.blog.shinobi.jp/
小春 | 2011/08/01 12:04
小春さん、お礼を言いたいのはこちらの方です。ありがとうございました。

小春さんのコメントを読んで、後に続けとばかりに一気に書きあげました。本当に言いたかった事を書くことが出来て、今は爽快な気分です。

小春さんの存在を知って勇気百倍のさつきです(嬉)。

数あるブログの中からこのブログを選んで初コメしたのも、葛藤し、揺れ動くひよこちゃんの気持ちに共感したからです。

何が正解か誰にもわかりません。そして多分正解はいくつもあるのだと思います。
さつき | 2011/08/01 17:29
★ たえこちゃん

ここ数日は涼しい日が続いていましたが、今日からまた暑くなりそうです。
緩和ケアがもっと身近に利用できるような環境が整えばいいなぁ・・と思っています。

自分に甘すぎて、タラタラどころかダラダラの毎日です。




★ 小春ちゃん

>がん患者は、健康ならば考えないですむ「死」を考えなければならない苦しみがありますが、これをチャンスと考えると、普通では得られない新しい視界が広がります・・・同感です。
私は緩和ケアについて、無知に等しいのでこれから知識を得たいです。




★ sakuraちゃん

再発の人生は苦しく辛いけれど、生きる意味や人生との向き合い方を考えるきっかけを与えてくれたように思います。
毎日を楽しく過ごす・・そんな毎日の積み重ねが豊かな人生なのでしょうね。

今日も楽しい一日でありますように!




★ さつきちゃん

再発・転移もない状態の時から、その後のご自身の治療に対するしっかりとした考え方に脱帽です。
私は治療しなかった後悔をしたくないので、これからも揺れながら葛藤しながら治療を続けたいと思っています。





ひよこ | 2011/08/03 09:35
ひよこさん、
遅いコメントになってすみません。
この本は私もぜひ読んでみたいと思っていたのですが、まだ読めていません。
再発治療のスタートはまず「完治が難しい」ということを受け入れることから始まりました。もちろん長い寛解はあるかもしれません。「富士山より桜島」を目指す、ということなのでしょうね。たとえ噴火していてもなおふつうに暮らし続ける、という。
再発転移の告知の時に、無治療なら1年持たない、と言われたことを思い出します。でも治療しているからこそ、再発後3年半を生きてこられました。
まだまだ死ねません。私もこれからも細く長く治療を続けて生きたいと思います。
ロッキングチェア | 2011/08/04 20:01
COMMENT