2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しい主治医 | main | 弔いも悔やみも・・ >>
めんどくさい
 



「めんどくさいなぁ・・」


昨日の診察時、新しい主治医の口から出た言葉が、今も忘れられない。



それは、一日おきに注射している丸山ワクチンの予約をパソコンに入力する際、一日毎に入力しなければならないと判ったDrがボソッとつぶやくように言った言葉だった。
ただ単純にその作業がシステム上合理的ではなくて、主治医に悪気などないことと想像する。
いや・・そう思いたい。

確かに自由診療という位置づけのワクチン接種は、主治医にしてみればおそらく何の興味もなくただ煩わしいだけなのだろう。
何十人、何百人といるかもしれない主治医の患者の一人が、ワクチンを打とうが打つまいが、どうでも良いことなのかもしれない。
根治は無いと言われながらも「がん」と折り合いをつけ、より現実味を帯びた「死」と向き合いながら、より良いQOLを維持するために試行錯誤している一人の患者の治療は、主治医にとって日常のほんの一コマに過ぎないのかもしれない。


放射線治療をしている時にも、若い技師さんに言われた覚えがある。
「印が消えちゃうと・・めんどくさいことになるから・・・」
印の消えかけた胸壁に、マジックで新たな印を描きながらもう一人の技師さんにそう言った。


「めんどくさい」

そんな自分勝手な一言で片付けられてはたまらない。


こんな話を聞いた。
ある職場の若い人たちが「めんどくさい貯金箱」なるものを作った。
日常的につい「めんどくさい」という言葉を遣ってしまうことを意識的に無くそうという取り組みだと言う。
「めんどくさい」と言ってしまったらペナルティとしていくらかを貯金箱に入れるルールだそうだ。
そこにはお互いを思いやる気持ちや、気持ちよく働ける職場の環境づくりに繋がる前向きさがうかがえる。
いつかきっと素晴らしい職場になるに違いない。


それにしても、命を扱う医療者が患者の治療に際して「めんどくさい」と言うのはいかがなものか。



                                     近所の春


医師の一言は、薬にもなるし凶器にもなりえる。
その一言で、立ち上がることもできれば、傷つくこともある。



患者はその言葉を一生忘れない。     (・e・)


スポンサーサイト
ひよこさん

その言葉、なんか、悔しいですね。
ガン治療はまだはっきりとした正解がないからこそ
医師との信頼関係は本当に重要だと思うのですが
患者の意向を尊重してくださる医師を主治医にできるかどうかは、運まかせですよね。

前にもコメントさせていただきましたが
母も丸山ワクチンを始めて半年近くになりますが、
母は主治医の先生に薦められて、近くのクリニックで注射してもらっていますよ。診察の必要もないので、予約の必要もなく、
看護師さんが注射するので、ものの10分くらいで
終わるみたいです。

ご存知かもしれませんが、医師の下で訓練すれば、
ご主人でも注射はできますし、
そんな事言われて、嫌な思いするくらいなら、
いっそ改善策を相談してみるのも、手かもしれませんね。
よしまり | 2011/04/06 16:50

えーーっ

なんだそれ!?

こちらは主治医の言葉、顔色一つで、命に関わる位影響受けるのに!

ひよこ姐さん、
ヤツにガツンと一発お見舞いしに行ってもいいですかね???

医療従事者は、心の技術も向上して頂きたいです。
そして、お気遣いありがとうございます。
おかげさまで、元気に快復してきてます。

ここから桜は見えませんが、ひよこさんの写真でしっかり堪能させて頂いてます☆
携帯のちっちゃい写真ですが、春の匂いまで感じます。
あさっては息子の入学式なんですよ。

ひよこさんも、
皆さんも、
きらっきらの春をいっぱい満喫できます様♪

微力ですが、いつもお祈りしています。
私の執念?が届きます様に!
瀬音 | 2011/04/06 17:10
ひどーい(T_T)

よくぞ大人の対応をされましたね。

患者側にいろいろ気を回させたり、
我慢させたりするお医者さんこそ
めんどくさいです。
こぶた | 2011/04/06 17:53
こんにちわ!ひよこちゃん。

主治医の何気ない言葉は、患者にとって悲しくなりますよね。心中、御察しします。

今月から病院勤務になった方ですよね。
今は電子カルテでも各病院でシステムが違い、同じ事を入力するにも慣れるまで時間がかかります。

単にシステムに慣れていないのが、めんどうくさいになったかも知れません。

もう少し、長い目で見てあげたらいかがでしょうか?なーんてね!腹たてると免疫力が落ちちゃうしね(^^)!

私も技師さんに同じことを言われました。マーキングはCTをもとに設定しているので消えるとやっかいなのは仕方ないし、それが、めんどうくさいという表現になったかも知れませんね。

昔と違い、医療はサービス業になったのに頭の切り替えが出来てないのかも・・・

色々ありますが、大らかな気持ちでいられるように祈ってます。
たえこ | 2011/04/06 18:10
ひよこさんこんばんはお久しぶりです。

めんどくさいって医療従事者が言う言葉ではないですね。
よく我慢しましたね。

昔と違い医療もサービス業って言われてる時代なのに…

微力ですが応援してます。
ごめちゃん | 2011/04/06 20:02
ひどいっ(`ヘ´)

患者はワラにもすがる思いで辛い治療と向き合っているのに…

ひよこさん…よく耐えましたね…(;_;)

私だったらその場でブチッてキレてしまいそうです。


めげずにがんばりましょうね。
みみちん | 2011/04/06 23:51
大袈裟かもしれませんが、たった一言の言葉が人生を変えることもある・・と、思うのです。
その時点で、人間的にどうでしょう?
誰にでも、「心」があるのです。
皆さんがおっしゃるように、医療従事者には不適切かと思います。デリカシーが無いですね。 
患者の心に寄り添って戴けるような態度を切望します。
私も放射線治療時に「面倒くさい」と言われましたよ。それも、実際放射線を当ててくれる技師さんではなくて、放射線科の医師に・・。
心が冷えるような思いをされましたね・・

ひよこさんの心が挫けませんように・・
sakura | 2011/04/06 23:52
ひよこさん、主治医の言葉せつないですね。

患者の患って漢字は、心に串がささっていると
書きます。
患者は、主治医の言葉ひとつで一喜一憂します。
主治医として予約入力も仕事のひとつだと
思います。
多くの患者がいて、皆さん考えて考えて
色々な治療をなさっているのですから。

以前コメントに書かせてもらいましたが・・・
私の主治医に術後の病理結果の説明を求めたら
「話してなかったですか?」といぶかしそうに
言われ、たくさんの並べられているカルテを見せ
こんなにまだ待っている人がいると言われました。

私はあれ以来、主治医がにこやかな笑顔で
むかえてくれても、営業スマイルにしか
見えません。
この先生で良いのだろうかと
いつも不安な気持ちでいます。




ひなた | 2011/04/07 13:04
ひよこさん、
・・・哀しいです。めんどくさい・・・って言ってしまったら本当に何も進みません。

悪気はなかった、と思ってみても(もちろん悪気があったとしたらとても許せる言葉ではありませんが)、みなさんが書いておられる通り、やはり主治医からの言葉はとても重いです。一言で雲にも上るほど救われるし、別の一言で奈落の底まで突き落とされます。

どうか、どうかひよこさんの心に刺さっている串をきちんと丁寧に抜いてくれる主治医であってくれますように。

先日はコメントありがとうございました。おかげさまで今日無事に息子の入学式終わりました。
ロッキングチェア | 2011/04/07 20:28
丸山ワクチンは免疫系に働きかけるものです。
ストレスはとても良くない作用をします。
医師の心ない一言、本当に許せないですね。

いっそのこと、丸山ワクチンの病院を変えたらいかがですか?
うちは治療している病院とワクチンを打つ病院を変えています。
「効かない」と思いながら打たれるより、「何とかしてあげたい」
と思ってもらえるお医者さんの方が良いですから。

どんな方法でも良いので、変にストレスをためて頑張らないように
してください。
ゆき | 2011/04/08 00:10
ひよこさん、こんばんは(^^)/
めんどくさい…医師のたった一言ですごく傷つきます。自分たちは癌と言う病気と闘って頑張ってるだけなのに。ほんと冷たい医者ってたくさんいますよね。体を治すだけが医者の役割じゃないです。心のケアも大切ですよね。次また言われたらぶん殴ってしまってください(-_-)
えみっち | 2011/04/08 01:31
ひよこさんの気持ちもわからなくはないですが
みな忙しく仕事してて、それぞれ大変なんだと思う。
ちょっと被害者意識が強すぎるんじゃないのかな?と思います。
たくさんの人が見るブログで、あんまり個人攻撃的な悪口を書くのはどうかと思います。
nari | 2011/04/08 12:34
ひよこさん、こんにちは。
今日は治療日で、今、病院です。

不謹慎な言い方かも知れませんが…
医師に対して「あんたががんだったらどうする?」って言いたい時があります。
少なくとも、がん医療にかかわる医師は、心のケアとか緩和ケアとかちゃんと学んでほしい!
rin | 2011/04/08 12:49
忙しく仕事をしていることと
目の前にいる病んだ人にも聞こえるような
「めんどくさい」という発言をすることは
全く別の問題。
そして具体的にどこの誰といった個人が特定されているわけでもない。
従って、攻撃ではない。
こんな寝ぼけたコメント書くのって,案外医療関係者だったりして。
閉塞的ですからねー,あの世界は。
通りすがり | 2011/04/08 12:56
私の通院している病院は
国立がんセンターです。
いつ行っても病院は患者であふれています。

主治医は予約外来をこなし
やれやれと思う間もなく、予約外の外来を
診なくてはならない状態です。
がん患者が増え、医師不足が
「めんどくさい」と言わせたのかもしれません。

でも同じ病院で時間に追われていても
気配りのできる医療スタッフに
出会えることも、たびたびあります。

ひよこさんは、あったことを正直に
書き自分の気持ちを述べられただけです。

「めんどくさい」は不適切な言葉だと
思います。

ひなた | 2011/04/08 13:13
★ よしまりちゃん

そうですよね。
自由診療だからこそ理解の得られるDrにお願いするのもよいかと思います。
夫は・・「注射なんて、とても無理」と言っていました。




★ 瀬音ちゃん

息子くんのご入学おめでとうございます。
瀬音ちゃんも快復されつつあるようで何よりと思います。
きっらきらの春・・瀬音ちゃんも満喫できますように☆




★ こぶたちゃん

「めんどくさい患者ですみません」
直ぐにフォロー?できましたけど・・・
長い患者経験は口を達者にするのかも?です。




★ たえこちゃん

週一勤務2年目の乳腺外科医でいらっしゃるのですよ。
お互いまだ緊張しながらの診察なので、これから時間をかけて良好な関係を築いていけるといいなぁと思っています。




★ ごめちゃん

応援ありがとうございます。




★ みみちんちゃん

耐える・・と言うほど腹が立ったわけではありません。ただ、医療者が遣う言葉として違和感を覚えたのは事実です。
みみちんちゃん・・キレちゃだめですよ!




★ sakuraちゃん

心が冷える・・そう冷たい言葉ですよね「めんどくさい」
とても自己中心的な言葉だと思います。
私はこの言葉が好きではありません。
でも挫けたりしませんから・・ありがとう☆




★ ひなたちゃん

一度持ってしまった不信感は簡単には拭いきれないですよね。
でも医者も一人の人です。
ひなたちゃんの熱心な問いかけに、いつか答えて下さるような気がします。
信じて・・あきらめず・・




★ ロッキングチェアちゃん

乳がんの治療を始めて5人目の主治医です・・
医者も患者と同様十人十色だと感じています。
新しい主治医も来年はまた異動されるのか・・と思うと気持ちも萎えますが、治療は続けるしかありませんものね。

息子さんのご入学おめでとうございます。生きましょうね。




★ ゆきちゃん

そうですよね。
病院を分けるのも良いかもしれませんね。ゆっくり考えてみようと思います。
ありがとうございます。




★ えみっちちゃん

ちょっと前の自分だったら、傷ついて立ち直れなかったかもしれませんが、今では少し強くなれました。
皆さんの応援、とても嬉しいです。ありがとうございます。




★ nariちゃん

被害者意識を強調した記事だったとしたら、そう思わせてしまい申し訳ありません。
ただ、医療者にはそんな言葉は呑み込んで欲しかったと感じただけです。







ひよこ | 2011/04/08 13:44
★ rinちゃん

通院治療お疲れ様です。
こちらはどんよりした空から雨粒が落ちてきましたが、治療後のお身体・・どうぞお気をつけて。
「心のケア」とか「緩和ケア」とか、末端の医療現場までは行き届いていないようですね。
みんなで、がんばろうね!





★ 通りすがり ちゃん

>忙しく仕事をしていることと
目の前にいる病んだ人にも聞こえるような
「めんどくさい」という発言をすることは
全く別の問題。・・・同感です。
個人の資質の問題だと思います。
さらには、医者と患者の間には、埋められない溝がある・・。

コメントありがとうございました。




★ ひなたちゃん

がんセンターの混雑ぶりは想像できます。
せっかくの治療もストレスがあしかせになりませんように・・。
コメントありがとう。







ひよこ | 2011/04/08 14:04
めんどくさい患者ですみません」

そう言ったんですね!!
私も以前ある医師に同じような事を言われて、貴女よりもっと
口が達者&年上だから、すかさず、でも柔らかな口調で
「それが先生のお仕事でしょう?なかなか難しいでしょうが患者と同じ目線にたって下さい。患者は
必死なんですから・・・」と。
若い女医さんでした。

あれこれ思っても、医師が癌患者でない限り
その温度差は埋めれない。
貴女の治療経過を読み・・・その行間から、ひよこさんの苦悩や絶望感、失意・・・その
中でも生きよう!立ち直ろう!の様々な想いや明るい兆しも感じられて。
分かりすぎるほど分かります。私の想いが重なるから。

経過を読みながら、単に治療工程だとは思わない
医師とめぐり合いたいですね。居ますよね、そんな医師も♪

追記ですが
丸山ワクチン、近隣の内科に頼んでいる方が結構いました。もう止めましたが、私はハスミワクチンを
自身で打ってました。蓮見は丸山の様な、半治験
扱いではなく全額自費なので、自分で打てます。
その手間や注射代・・等々、私は計算した事ありませんが、長い間には同じ!と言っていた方がいました。
ハスミを推薦している訳ではないので、誤解の
無いように。推薦してたら、やめません(^-^)

愛 | 2011/04/09 09:11
私は愛知県のがんセンターに通ってます。

ここも先生や看護士さんたちはかなり忙しそうにされていますが、そんな言葉を言う医療関係の方はいません。

だから通えています。

私がそんなことを言われたら・・・多分長いことみてもらっている病院ですが速攻変えるだろうな
って思います。

実際忙しいだろうし、面倒なこともあると思いますが口にするということはいじめや嫌がらせとしか
思えません。

黙っていればいいことです。つい口に出たとしたら
小学生じゃないんだからって思います。

長く通えば通うほど病院との信頼関係がなくなると
つらいものがありますね。

今後も心が折れてしまうこともあるかもしれませんがお互い心穏やかに過ごしたいですね。

ななこ | 2011/04/09 20:46
新しいDr.には、またまたがっかりですね。
腹が立ってしょうがないです。

ほかの方も書いていらっしゃるように、打つ場所を
かえるのもひとつの手ですよね。

私もある治療で毎日、土日も含め、続けて注射しなくてはいけないという時期がありましたが、通いやすいよう、近くの病院を選んで紹介状を書いてもらい、町医者の看護師さんが注射してくれて、受付から支払いまで、5分で終わりましたよ。

めんどくさいという言葉、禁句ですよね。
私も最近、子育ても仕事も、これが口癖のようになってしまっていて、気をつけようと思っていたところです。
おそらく、Dr.も私と同じだと思いますが、許し難いですよね。

先日、何かのバラエティを見ていて、進行がんと診断された人の中でも、、性格的に前向きな人のグループの治療成績は群を抜いてよくて、5年生存率が、たしか95パーセントくらいという研究結果を見ました。
ひよこさんは間違いなく、この95%に入る部類の人です。くだらない医師の発言になんか惑わされることなく、アグレッシブに突き進んでいきましょう。

marimo | 2011/04/10 08:39
医は仁なりって古い言葉だけれどその通りだと思います。お医者さんって素晴らしい職業なのにお会いして心が暖まって何もかもまかせられる気持ちになれるお医者さんと、どこか冷たく距離の感じられるお医者さんと両方会いました。残念ながら前者のお医者さんのほうがずっと少数派だけれど、、、。冷たくされてもそうだけど、暖かく親切に接してくれたことも私の心のなかでずっと残り続けてる、多分もっと強く。自分もそうであるようにと思う。
ひよこさんの受け持ちの先生がまた変わってしまって大変ですね。いつもまたゼロから信頼関係を築きあげないといけなくて5回目にもなると疲れちゃうよね。
少し前の記事にあった息子さんからのお手紙読んで私もとても嬉しくて涙がでそうでした、よかったね。
私は抗がん剤FEC6回やっと終わりました、これからどうなるかわかりませんが、用心しながら新しい季節を楽しもうと思っています。ひよこさんも免疫療法効きますように。それでは、またね。
あこ | 2011/04/12 03:02
★ 愛ちゃん

>貴女の治療経過を読み・・・の言葉に目頭が熱くなりました。ぎゅっと抱きしめられた気持ちです。
愛ちゃんのように私もがんばりたい。
ワクチンの情報もありがとうございました。




★ ななこちゃん

治療も長い期間になると・・色々ありますよね。
私のような進行がん患者にとって、長期に渡る治療は辛くもあり、また嬉しいことでもあります。
おっしゃる通り、心穏やかに過ごせるといいですね。治療、がんばりましょう。




★ marimoちゃん

元主治医も「何かあれば相談にのります」と言ってくれているので、新しいDr.のもとでまたがんばろうと思います。
バラエティの研究結果の情報と心強い応援ありがとう。感謝です。




★ あこちゃん

抗がん剤治療お疲れさまでした。
FEC6回とはお辛かったことでしょうね。最後まで続けられてがんばりましたね。
「医は仁なり」今大学ではこんな講義はされていないのかもしれませんね。
主治医のこと、免疫療法のこと、お気遣いありがとうございます。
治療しながら季節を楽しみましょうね。
ひよこ | 2011/04/12 16:26
COMMENT