2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 眠れない夜 | main | めんどくさい >>
新しい主治医
 


ドセタキセル投与から一週間。


今日は血液検査のため病院へ行ってきた。



採血後、後任の主治医の初めての診察があった。
今日も前回同様、50%減薬して投与するという治療方針についての再確認があった。
「何度も言いますが、抗がん剤の大前提から大きく逸脱しています。そのことをもう一度申し上げておきます・・・」
私も自分の思いを伝えた。
「50%減薬して効果があるかないか・・試してみなければわからない。レジメンから大きく反れた治療であることは充分承知していて、仮に効果が得られなかったとしても納得しています・・」

主治医のおっしゃることも理解できるし、素人考である自分の選択が正しいという確たる自信もない。
まさに手探りの治療だ。
次回の治療は来週のマーカー値をみて、また考えましょうという結論に至った。






ちなみに今日の白血球 4700
ドセ投与1週間後の数値とは思えないほどの白血球値に気を良くしている。
減薬したからなのか・・ワクチン効果なのか・・
何はともあれ、「L」という指摘が無い数値が、素直に嬉しい。  (・e・)


スポンサーサイト
ひよこさん、こんばんは。
手探りで、自分に合う治療を自ら選択しておられるひよこさん。私も主治医から
「それはレジメンにそぐわない」よく言われます。
エビデンスっていったい何だろう…
同じ人間なんて一人たりともいないのに、みんな同じ治療なんて、ありえないと思う。
何が効くかもわからない。
ひよこさん、ブラボーです!
私もがんばります。

rin | 2011/04/05 21:33
ひよこさんの困惑が伝わってきます。

主治医も真面目な方なのですね?
レジメン通りで無いと安心出来ない傾向はありますよね。
ひよこさんの調子が良いから、今のうちに攻めようというお考えなのでしょうか?
いずれにしても、手探りの治療の効果が出てくれる事を期待し、祈っています。
何よりも、「生きる」こと・・

ひよこさんの1番の望みが達成されますように・・

sakura | 2011/04/06 00:03

ひよこさん、お疲れ様でした。私も久しぶりの投薬、久しぶりの副作用にのびてました。

薬を減らせない理由…断定はできませんが、
医師が渋るのは、保険や製薬会社との絡みもあるのかな、と思います。

以前、実家のある地方の個人病院で手術+治療しましたが、今回の再発治療では通院が困難な為、地元の病院に転院する事になりました。その時に紹介状に書いて頂いた抗がん剤のメニューは、単薬で、量もぎりぎりまで減らしたものでしたが、先生は、「都会の病院だと、保険点数とか、いろいろあって融通が効かないからこの内容は無理かもしれない。何より製薬会社が強いからね。僕もそこまでは口出しできないけど、納得行くまで何度でも紹介状を書くからね」と言ってくださいました。
案の定、こちらの病院では「この量では、根拠がない」と言われ…
個人病院もあたりましたが、指標は医大や癌センターから来ているそうで、どこも同じ事を言われました。

もちろん、様々なデータに基づいた治療…が、一般的で効果も期待できるのだとは思いますが、
自分が納得できる治療を主張して行く事も大事だと、私は思ってます。

まあf^^;自分の数値の見方もわかってない不良が偉そうに言えないんですけどね(汗)

ひよこさん、外は春ですよ〜!
抜け出したいです←不良
瀬音 | 2011/04/06 12:03
★ rinちゃん

オーダーメイド医療とか治療の個別化とか言われているけれど、現実の医療現場はそれとはほど遠いと感じています。
オリジナルなレジメンを探すために、くじけずがんばろうね。




★ sakuraちゃん

主治医の想像以上にマーカー値が下がっていることを根拠にレジメン通りの治療を勧めて下さいます。
患者の声にも耳を傾けて下さるようです。
永くお付き合いできるよう、私も努力しようと思っています。

生きましょうね。




★ 瀬音ちゃん

体調はどうですか?
抜け出したいくらいに快復されているのならいいんだけれど・・
瀬音ちゃんも色々あるのね。
がんばろうね!

病院から桜は見える?


ひよこ | 2011/04/06 16:34
COMMENT