2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 手紙 | main | 4月1日 >>
4thTXT・ゾメタ34
 



今日はドセタキセル11クール目・ゾメタ34回目の治療だった。



10クール目の治療から4週間が経ってしまった。



先週は子供たちの引越し等の予定があり、治療の予約を入れなかった。
抗がん剤治療は、今、ひよこにとって最優先事項ではない。
子供たちの新たな生活のスタートを応援し、その場に一緒に居たい気持ちが、迷いなくそうさせた。
本来は3週間毎の治療が一週間先送りになる結果となったが、より良好なQOLにつながる結果でもある。
患者の病気のみならず、その背景までも把握・理解し、その都度臨機応変に対応して下さる主治医には本当に感謝している。

その主治医が退職される。
乳がんの治療を始めてから4人目となる今の主治医。
乳腺専門医ではないけれど、だからこそ違った角度から診て下さり、患者が抱える不安にも一緒に考え解決する努力を惜しまない姿勢に誠意が感じられ、とても頼れる存在だった。
「大丈夫ですよ」
不安に押しつぶされそうな時、主治医のこんな一言で何度も救われてきた。

二人三脚の治療も上手くいっていたのに、とても残念に思う。

今日は今後の主治医となっていただくDrにご挨拶をしてきた。
大学病院勤務の乳腺外科医で、一週間に一日ひよこの通う病院で外来診察を受け持っていらっしゃる。
「全体的には今の治療で上手くコントロールされていると思います。ただ・・一つ気になるのはタキソテールの投与量です。レジメンの半分というのは一般的ではなく・・・」
効果があるのに50%減薬する治療に賛成できないというご意見を伺った。
想定内のことだ。
これから時間をかけて歩み寄るしかない。
その後、これまでの主治医のもと、50%減薬してタキソテールの点滴をしてきた。



今後のことは、あせらず・・ゆっくり・・考えればいい。     (・e・)


スポンサーサイト
ひよこさん、通院ご苦労様です。

またしても、主治医が代わってしまうのですか。
心中お察しします。
主治医が代わると、また、理解を得られるまでが大変ですものね。
何事も初め有りき・・
何度も同じ話しをしなければならないのはストレスでしょうが、じっくりと腰をすえて協力して戴きましょうね?

ひよこさんの写真のSlide show変えられたのですね。ゆっくり、眺めてしまいました。
とても、ステキです。

明日から、ひよこさんが少しでも楽に過ごせますように・・
sakura | 2011/03/29 23:34
こんばんわ!ひよこちゃん。

春の人事異動で主治医が変わられたのですね
再発乳がんには、これといったエビデンスが無いから医師の考え方次第ですよね。

ひよこちゃんの意思を尊重してくれる懐の広い方だったら良いですね。

桜が咲いているのですね。うらやましい。
こちらは、いまだに雪がちらちら・・・です。
たえこ | 2011/03/30 00:41

お疲れ様でした。

そう!治療より優先すること…賛成です。

治療に関して優等生ではない私が言うのは何なんですが(笑)(←すっぽかし常習犯&全くの勉強不足)
病気のために生きてる訳じゃないですもん!

カモメのジョナサンの中に、「生きるために飛ぶんじゃない、飛ぶために生きる」…というような台詞があって。かつては、仕事への思いに当て嵌めていましたが、今は治療に置き換えています。

なにかとお忙しだったひよこさん。しばらくはゆっくりやすんで、春の訪れを楽しんでくださいね☆

↑そしてSakuraさん、花粉症は大丈夫ですか〜?
お大事にしてくださいね!私は鼻ズルズル目カユカユですが、今年も「認めず」粘ってマスf^^;
これ以上薬増やされたくなくて。。

瀬音 | 2011/03/30 01:07
ひよこさん、いかがお過ごしでしょうか。
愛媛では吹く風はまだ冷たく
桜のつぼみも、ふくらみかけては
足ふみ状態の今日このごろです。

主治医が退職ですか・・・
信頼されていただけに、淋しいですね。
でもひよこさんは、いつも良い先生に
巡り会えているから、またきっと
「大丈夫」って言って下さいますよ。

ひよこさんの主治医のこと
いつもうらやましく拝見しています。
私は来月CT検査で、結果は5月の外来説明です。
主治医の外来患者をこなすのに追われている様子に
なかなか質問しにくい関係となっています。





ひなた | 2011/03/30 13:41
瀬音さん、花粉症のご心配ありがとうございます。
毎年の事ながらこの時期は辛くて辛くて・・
ここ数年は、目の周りが晴れ上がってしまい、二目と見れぬ顔になっちゃうんです。
でも、薬増やされるのイヤなので軟膏と点眼薬だけ出して貰いました。(息子の卒業式対策の為)

瀬音さん、いつも元気をありがとうです。
瀬音さんもお大事に・・。
sakura | 2011/03/30 16:56

ひよこさん、勝手にコメント欄使ってごめんなさい。。

Sakuraさん。
二目と見れぬ顔…キャー!見てみたいです。柔らかくて優しい文章から、
Sakuraさんは華奢ではかなげな日本美人のイメージ(^-^)

心の中の臍の緒の例えも、泣かされましたよ〜。
断乳も…寝返りも…そう、まさに臍の緒を切るせつなさでした。成長に寂しさを感じるのは、母親ならではの感情かも知れませんね。

ひよこさんちは姫サマがいてうらやましいです。
娘の孫なら、手出しできそう(笑)

瀬音 | 2011/03/30 20:42
そうなんですか!
せっかく、気の合う素晴らしい主治医の先生と
いい関係を時間をかけて構築されていらっしゃったのに・・・。

うちの父の時も、主治医が変わったときは、本当に家族みんなでがっかり肩をおとしました。
後任の先生もなじめばいい方ではありましたが。

そしてご子息からのお手紙、感動的ですね。
さすがひよこさんの息子さんだわ。
素直だし、文面もしっかりしてる!
うちの息子もこう育ってほしいものです☆
marimo | 2011/03/31 13:17
★ sakuraちゃん

副作用からすこし復活しました。
主治医のことは本当に残念でなりません。
しかし、治療が長い私には必然の試練です。セカンドオピニオンのつもりでご意見を伺おうと努めてみます。

春本番という陽気もsakuraちゃんには辛いものがあるようですね。
sakuraちゃんの花粉症の症状が少しでも楽で、快適に過ごせますように・・




★ たえこちゃん

新しい主治医のご意見も受け入れながら、もしかしたら新たな治療の糸口も見つけられるかもしれない・・
ピンチをチャンスに変えられることを信じて、新たな関係に期待してみようと思います。

春はもうすぐ・・待ち遠しいね・・




★ 瀬音ちゃん

瀬音ちゃんの明るさにいつも元気をいただきます。
治療はもはや特別なことではなくて、日常生活の一部となりつつあります。
今日もワクチン注射へ行ってきます。
気のせいか・・いつもより副作用が楽な感じです。




★ ひなたちゃん

主治医に遠慮なさらず・・ひなたちゃんの気持ちは素直にぶつけたらいいと思います。
ストレスを感じるような診察となっては、本末転倒ですもの・・
医者も患者と同じ人、人と人との横の関係であって、縦の関係ではあってはならないと思うから・・

CTの検査結果が良い結果でありますように。




★ marimoちゃん

〇〇〇くん、入園おめでとう・・かな?
彼もまた優しくデリケートで、しっかりし過ぎなくらい良い感じで成長されてるなぁと思いますよ。
子育てが楽しみですね!

本当に気の合うDrはそう何人も居ないと感じるこの頃です。が、あきらめるわけには行きません。
良い関係を構築できるよう、努力してみます☆






ひよこ | 2011/04/01 09:57
COMMENT