2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 引越し | main | 腫瘍マーカー・造影CT結果 >>
笑顔と瞳の色
 


子供たちの引越しも無事終えることができた。



覚悟はしていたつもりだけれど、子供の姿が見えない子供の声が聞こえない我が家は、ガランとして寂しい。
二人の子供たちが幼い頃、飼いたくて飼いたくて・・ねだられて飼うことになった愛犬の鳴き声だけが静かな我が家に響き渡る。
毎日散歩に連れて行ってくれた彼らがもう帰らないことを、愛犬は悟っているだろうか。


引越し作業の途中で子供たちのツーショットの写真を撮った。
夫の提案だった。


自宅へ戻り写真を確認すると、とても良い笑顔の二人だった。
さっそくデスクトップの背景に設定した。
息子はやや疲れ気味で不安げな表情の笑顔。
娘は幸せそうなとびきりの笑顔。
こんな表情の彼女を見たのは初めてかもしれない。
レンズを見つめるまっすぐな瞳は深く濃い色をしている。
東京で過ごした1年の歳月が彼女をこれほど幸福感いっぱいに成長させたのかと思うと、彼女を手放したことは間違いではなかったと悔しくも納得できる。
大都会で一人・・孤独や不安や寂しさに負けそうになることが幾度もあっただろう。
その度にきっと多くの人に支えられながらがんばって生きてきたのだろう。
支えて下さっている多くの人に感謝の気持ちでいっぱいだ。
でもこれからは一人じゃない。
姉弟で支え合って、一日一日を大切に生き抜いてほしい。

突然の大震災で多くの人の命が奪われてしまう現実。
今生きていることが奇跡であり
二人の子供たちの笑顔が永遠に守られますように・・と願わずにはいられない。



                           ほころび始めた近所のソメイヨシノ



子供たちの笑顔はひよこの幸せのバロメーター☆    (・e・)



スポンサーサイト
ひよこさん、
引越し、本当にお疲れ様でした。
そしてお二人のお子様たちの笑顔、何よりでした。きっとこれからは二人で知恵を出し合って、いろいろな不安や困難も乗り越えてくれると思います。
お二人の笑顔がますます輝きますことをお祈りしています。
そして、もちろんひよこさんの笑顔も!
生きていることが奇跡、本当にそうです。だからこそ、毎日を大切に、笑顔で過ごしたいですよね。
ロッキングチェア | 2011/03/23 19:17
ひよこちゃん
お久しぶりです。そしてお疲れさま。
娘ちゃんが一人暮らしを始めてから一年になったんだね。早いね〜。
淋しくなるけど、ここのところの東京の色々な問題を考えたら姉弟が一緒というのは心強いかもしれない。これから沢山の困難を乗り越えて強い大人になっていくのかな? 新しいスタートにエールを送ります。
リリー | 2011/03/23 21:58
可愛い桜の花・・何だか元気が出ちゃいます!
いつの間にかそんな時期になっていたんですよね。
本当に自然は地球からのステキな贈り物ですね?
日本中の人達が桜を見て、一瞬でもほっこりできるといいですね。

息子クン&姫ちゃまの写真をデスクトップの背景に・・?
パソコンを開くたび、ひよこさんも笑顔になれますねー!そして、皆、笑顔に・・幸せに・・
私のつたない経験から、親と離れた生活は本当に人を成長させると思います。
離れて知る親のありがたさ・・ひよこさんの息子クン&姫ちゃまは、今までひよこさんやご主人、おじいちゃま、おばあちゃまから受けた全てを総動員して生きる知恵を磨いてゆかれるのですよ。
最高の教育だと思います。
かつて、私の母も私が実家から東京に帰るたびに泣きながら電車を見送ってくれました。
離れているからお互いを思い合えるのですね。

ひよこさんの寂しさが少しでも癒されますように。
sakura | 2011/03/23 23:25

ひよこさんファミリーの新たなスタート、
おめでとうございます。

いつもお嬢さんや息子さんに向ける、揺るぎのない母の愛。尊敬します。

私は駄目駄目な親で…

進みたい道があり、北海道や関東の大学を目指していた息子。
もちろん応援していましたが、つい本音を言っちゃってたんですよね、
「地元の大学に行ってくれたら助かるなあ」って。

二次試験の直前に倒れて、合格の知らせも随分後に聞きましたが、
結局息子が選んでいたのは地元の大学でした。
なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいです。そうでなくても、こんな大事な時期に心配ばかりかけてしまってるのに。

Sakuraさん、
ロッキングチェアさん、
温かいメッセージありがとうございます。
誰よりも、皆さんに「元気です」の報告をし続けたいから…頑張って帰ってきましたし、これからも頑張ります☆
(ホントに)
子供達、それぞれのスタートですね。
その未来に、いい風が吹きます様、たくさんの幸せが訪れます様に。
そして、ママさん達もお疲れ様でした。
お疲れ会しなくちゃですね!
私たちにも、
いーっぱいの幸せがやってきます様に!←欲張り(笑)
瀬音 | 2011/03/24 00:22
ひよこさん、ご無沙汰です。
お子さんたちの送り出し、たいへんおつかれさまでした☆
これからまた、新たなライフステージのはじまりですね。
うちの娘も、大手術を終え、だいぶ回復しつつあります。
娘も落ち着いてきたので、サイタマは余震や停電がまだ続いていますが、これから、できることから被災地の方の支援をしていきたいなぁと思っています。

またカメラ持って、お散歩したいですね。


marimo | 2011/03/24 15:51
★ ロッキングチェアちゃん

おっしゃるように、二人で知恵を絞って困難を乗り越えてくれたら・・と思います。
今、都内は混乱することが色々あるようで、心配したらきりがありません。遠くで見守るしかないですね。
ロッキングチェアちゃんの大切な毎日も笑顔の日々でありますように・・




★ リリーさん

本当にあっという間の一年でした。
ちょうど一年前はリリーさんにお世話になりました。
まだまだ慣れない都内での生活、またリリーさんを頼りにしちゃうかもしれません!?
子供たちへのエールをありがとうございます。




★ sakuraちゃん

sakuraちゃんのお母様の気持ち・・とても良くわかります。そしてsakuraちゃんの気持ちは娘の気持ちでもあるのでしょうね・・。

離れているからこそ、お互いを思い合える・・遠距離子育てを楽しもうと思えるようになりました。
ありがとう^^




★ 瀬音ちゃん

駄目駄目じゃないよ・・瀬音ちゃん。
がんばって虹の橋から戻って来たじゃない!
きっと息子クンが呼び戻してくれたんだよ!!
優しい息子クンは瀬音ちゃんに言われなくても、きっと地元の大学を選んだかもしれない。
進みたい道は何処でも見つけられると思うから・・

息子クン、合格おめでとうございます。
「生きる」ことが私たちの愛かもしれない・・




★ marimoちゃん

良かった!
お嬢さんの大手術・・終えられたのですね。良かった。一日も早く回復されますように・・
marimoちゃんご一家にも・・被災地の皆さんにも・・一日も早く穏やかな日常が戻りますよう祈っています。

ひよこ | 2011/03/24 18:15
COMMENT