2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 息子の緊張 | main | にわかウォーキング >>
雪やこんこ
 



また新しい一週間が始まる。


寒の入りの暦通り、連日非常に寒い。




土曜日の夜から降り出した雪は今朝、あたり一面を銀世界に変えた。
10cmを超える積雪は3年ぶりと言う。
交通機関の乱れはもとより、雪に慣れていないこちらの地方では、各地で何らかのアクシデントが起こってしまう。
幸いにも、息子のセンター試験は無事終わり、あとは結果を待つばかり。
というより、得点は自己採点により、もうすでに判明しているのだから、志願変更をするのかしないのか・・。






気圧の変化に身体がついていけない。
抗がん剤治療のせいなのか・・多発骨転移のせいなのか・・体が痛い。
そんな時は鎮痛剤を利用するのが良いと常々主治医から言われているけれど、我慢できないほどの痛みではないことが、服用をためらわせる。
飲まずに済む薬なら飲みたくない。

頬骨・頚椎・腰椎・腸骨・・転移しているあたりに鈍痛がある。
低気圧が近づくと決まってそのあたりがきしむように痛む。
勤めがあるわけでもなく、しなければいけない仕事があるわけでもなく、こんな日は布団に入って静かに低気圧が過ぎるのを待つ。
いかにも病人。
時間に追われることなく一日をのんびり過ごすことができる今、病に感謝かな。






忙しない日常に流されて、大切なものを見失ってしまうような人生では哀しい。
負け惜しみかもしれないけれど病を得てから、今の自分はとても良い時間を過ごしていると思っている。
病がプレゼントしてくれた「余命」という時間を、自分のため、家族のため、支えてくれる人のために大切に生きていたい。







一年前、中心静脈カテーテル留置オペで退院の朝も雪だったなぁ・・・  (・e・)



スポンサーサイト
本当にそうですね。私も病を得てから、これまでどれだけ忙しさにかまけて大事なものを、見失って平気でいたのか、痛感しています。
情けなくもまだまだ相変わらずどたばたと日々を過ごしていますが、それでもごくごく普通でいられることに対する感謝の気持ちは素直に持てるようになりました。
キャンサーズギフトというのでしょうか。
やはり気圧の変化、体は敏感に感じますね。私も胸の鈍痛、圧痛が気になります。
ロッキングチェア | 2011/01/17 20:53
体の痛み…大丈夫でしょうか。冷えるとこたえますよね、こんな日は遠慮なく冬眠冬眠♪

病気を得たからこそ大切に出来る家族との時間。本当に、その通りだと思います。
私、息子の子育てにはすごく悔いがあって…うちも義父母と同居なので、しかも遠くからお嫁に来て友達もいないので…同居の息苦しさから逃げるために、ずっと休みなく仕事してきたんです。

息子はお宝初孫。おじいちゃんおばあちゃんに取っていかれた感じで、学校行事もあまり行けてません。
(今思うと可愛がってもらえてありがたい話なんですが、いろいろ葛藤もありました。泣)
不本意ながら、病気になって、毎日「お帰りなさい」を言える時間を持てた事は…間もなく子供が巣立つ前に貰えたギフトかも知れませんね。
大切にしなければ。

いつも自分の話で長くなってごめんなさい。誰にも言えないいろんな気持ちが、ここでは溢れてしまいます。

ひよこさんの痛みがすっきり楽になります様に。
息子クンにも、よくがんばったね!とお伝えください。
瀬音 | 2011/01/17 22:58
私が初めて乳癌の告知を受けた翌日・・
空が・・何気ない道端の草花がこんなにキレイだったんだという事に気付きました。
風がこんなに優しい事に気付きました。
世の中がこんなにキラキラ輝いているんだって、病気になって初めて知った気がします。
周囲が変わったのでは無く、私の目が今まで見逃していたんですね。

ひよこさんも皆さんももちろん私も、寒さは事の外こたえますよね。
瀬音さんがおっしゃっているとおり、私も冬眠大賛成です。
暖かな春の訪れはすぐそこ・・楽しみに待ちましょうね?
そして、1歩1歩小さな歩みでも生きていきましょう。
明日は笑顔になれますように・・
sakura | 2011/01/18 21:40
 いかがお過ごしですか。   
 
  がんや病気というのは、この生体内の力のバランスが崩れ、
 がんやウィルスの方に力が傾いた時に発症します。 これらは
 「からだの免疫」とよばれるものです。

  これに対し「こころの免疫」があなたの体内に刻み込まれてい
 ます。「思い煩い」を喜びにかえてくれる「免疫機構」です。一刻
 も早くその「存在」に気づき「採り入れる」ことです。

  悲しみを喜びに・絶望を希望に打ち変えてくれる「メッセージ」
 をどうぞ―――

      こころを強くする「メッセージ」のご案内
      http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/
     
        ご笑覧ください。     安達三郎
あだち | 2011/01/19 13:29
★ ロッキングチェアちゃん

情けなくないですよ〜。
厳しい治療をしながらお勤めを続けていらっしゃるロッキングチェアちゃんを尊敬します。
何も望まない、ただ普通でいられることに感謝の気持ちは一緒です。
明日もお仕事、無理なさらずがんばって下さい!




★ 瀬音ちゃん

冬眠♪冬眠♪っていいですね!この響き・・好きです^^
誰にも言えないいろんな気持ちをどんどん吐き出しちゃって〜。ノープロブレムよ。
息子クンもきっと瀬音ちゃんの「お帰りなさい」を毎日楽しみに帰ってくるんだよ。
今日はもう帰ってきた?




★ sakuraちゃん

ひよこは病気になって、再発して・・長い間・・とても苦しかった。
2年・3年経ってようやく病気を受け入れることができたかな。

sakuraちゃんが言うように、ひよこも寒さに飽きちゃいました。春が恋しい。




★ あだちちゃん

「こころの免疫」ってインパクトのある言葉ですね。
ひよこ | 2011/01/19 18:14
COMMENT