2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 普通の母 | main | 黄色い新幹線 >>
願書
 


昨日、願書がいくつか届いた。


息子が取り寄せた願書は全て県外の大学ばかりだった。


娘と同じように彼もまたこの春家を出て行ってしまう。
自分の可能性を信じて親元を離れていく。
「みんな・・そんなに家に居るのが嫌なのか?」
と主人は機嫌が悪い。
「本人が『行きたい』って言ってがんばっているんだから、応援してあげようよ。家が嫌なわけじゃなくて、行く先にはここにはない魅力がたくさんあるんだよ」
と子供サイドで主人を説得する。

主人は今日まで家から出た経験がない。
ひよこは実家を出てこの家に嫁いだ。
主人には姉妹がいないから“家を出る”ということが上手く理解できないのかもしれない。
ひよこにしても子供たちにしても、それなりの覚悟をもって家を出る。
その先にある全てのことに夢や希望をもって歩き始める人生の新たなスタート。
だから・・見守ってあげようよ。

父親の寂しさはひよこより深いのかもしれない。
最近、深酒をするとこれまでこらえていたものが炸裂する。
「〇〇(娘)は今何をしてるんだ!」「東京がそんなにいいのか!」
と言って涙をながす。
そんな主人を目の当たりにするとうろたえてしまう。
「彼女が選んだ人生だから彼女はきっと今幸せなんだよ」

そんな姉の生き様を見て育った息子もまた自分の人生を歩き始めている。
毎日遅くまで勉強して、土曜日も日曜日も家にはいない。
目前にせまったセンター試験にも焦ることなく堂々としてさえ見える。
時には大きな声で歌を歌ったりしている彼には不安とか緊張とか憂鬱なんて言葉が見当たらない。
気持ちもとても落ち着いている彼。
「まぁ・・浪人もありだしね・・ハハハ」
と余裕な発言。

そんな息子には実は教えられている。
受験というやっかいな障害物をなんていうか・・楽しんでる・・ように思える。
目標に向かって自分が出来ることを精一杯やって達成感を味わう快楽。
ひよこも目の前の闘病を憂鬱と思わず楽しめばいいんだ!
健康でお勤めをしていたら得られるはずのない“自由な時間”が腐るほどある。
お金はないけれど、お金には代えられない時間がある。
「お金は俺が稼ぐからいい」
と言ってくれる主人に感謝して、がんばっている子供たちに恥ずかしくないような時間を過ごしたい。







子供は親の背を見て育つ・・・育児じゃなくて育自なんだよね。  (・e・)




スポンサーサイト
ひよ子さんのメールを見て励まされています。
私は2年前に乳がんの手術をして現在に至って
います。
術後1年より仕事に復帰して、毎日、自分が
病人だと忘れるくらいの多忙さのなか生活して
おります。
ひよ子さんのお子様とも年が似ているようで
(上が大学3年。下宿)下が高3(推薦で
大学決定。下宿)何か自分のことのように
感じています。
病気になり、周りの方々に支えられて生きている
自分を悟りました。術後で抗がん剤を打ったり
一番つらい時、痴呆の父の世話に時間を使えたこと
娘の下宿の手配などに時間が使えたことなど
ふだん勤めていたらできないことができ、
『病気になってよかった』とさえ感じました。
毎日、何気ない毎日を、大切に過ごしていきたいと
おもいます。
どなたかの言葉で『一日一生』に励まされており
ます。
寒くなります、ご自愛ください。
Lucky mom | 2010/12/04 12:46
旦那様、お子さん達が自立していくのは嬉しい反面、きっと寂しいんでしょうね。
でも旦那様にはずーっとひよこさんが付いてるんですよ〜。

私は子供がいません。抗がん剤できっともう一生自分の子供を持つことは出来なくなると思います。、女性として母親になれなかった事はすごく悲しいです。

子供は親を見て育つという通り、お子様が自立して目標に向かって進んでいくのも、間近でいつもがんばっているひよこさんがいるからだと思います。
ミライ | 2010/12/04 14:41
いつも拝見させて頂いています。
私は娘の立場(と言ってても、もう36歳ですが(^^:;))です。
ウチの母も4年前に乳癌になり、この間再発がわかりました。
側に付いてあげたい気持ち、だけどいつまでも元気でいてほしいし、安心させたいからこそ、自分の事を頑張ろう&いつも通りに生活しようとお子様達は思っているのかもしれません。
実際ウチはそうです。
とは言え、旦那様の気持ちも解るし、何だか読んでいて切なくなりました。
女の人より、男の人のほうが色々気持ちが追いつかないのかもしれませんね。

ウチの母もこれから手術、治療が始まります。
正直またあの辛そうな母を見るのは辛いです。
でも本人はもっと辛いし頑張ってるんですよね。

ひよこさん、応援してます。
あお | 2010/12/04 17:02
「親」という字は木の上に立って見ると言う事だと
昔昔国語の先生に聞きました。
「親」になってみて初めて子育ては、なかなか客観的な立場になりにくいものだと感じました。
いつまでも可愛い可愛いではいけないと思い、なるべく彼の自主性を尊重するような形をとってきましたが、親も子もまだまだです。
ひよこさんちの息子クン、しっかりしていて頼もしいです。
私の好きな桜の花が咲く頃には、彼の花も息子クンの花も美しく咲いてくれるのをひっそり願っておりますね。

明日もひよこさんが穏やかに過ごせますように・・
sakura | 2010/12/04 23:24
ひよこ様

突然の書き込み失礼いたします。
私はとある雑誌社の編集の仕事をしている者です。
ブログの書き込み欄で恐縮ですが、取材のお願いをさせていただけないでしょうか。

私は現在、闘病ブログをテーマにした記事を作成するべく取材をしております。
ネットで闘病ブログを執筆することで得るもの、ネット上でできる人の輪がもたらすものというテーマで、お話をうかがえないでしょうか。

名も名乗らずまことに恐縮ですが、
もしもよろしければ、詳細をお伝えいたしますので、メールを頂戴できればと存じます。

ご検討のほど、何とぞよろしくお願いいたします。
取材のお願い | 2010/12/06 03:06
ひよこさんこんにちは。

ご長男、頼もしいですね!
ご長男もまた、闘病を頑張るひよこさんの後ろ姿に多くを得て今に至るのだと思います。

そして、ちょっとほほえましい、涙を流すご主人。
離れていても、結束の強いご家族なんですよね。
息子さんの受験が成功しますように☆
marimo | 2010/12/06 11:14
★ Lucky momちゃん

>毎日、自分が病人だと忘れるくらいの多忙さのなか生活しております。・・
とても素晴らしいですね。
これからもお仕事がんばってくださいね。




★ ミライちゃん

あきらめないで・・私はAC−T後も月経が戻りました。ご自分の身体を信じて!まだ過去形にするには早いような気がしますが。。。




★ あおちゃん

いつも応援ありがとうございます。
娘の立場でのコメント・・参考になります^^
あおちゃんもお母様にさりげなく寄り添ってさしあげてくださいね。お母様もどうぞご自愛されますように。




★ sakuraちゃん

桜の蕾はこの冬の厳しい寒さに耐えて日増しに膨らんできます。
満開のサクラが咲く日を一緒に見守りましょうね。




★ marimoちゃん

頼もしいなんて・・・世間知らずでナルシストな息子です。母親から見ると詰めの甘いところがあって、いつもヒヤヒヤしてます。
受験はビシッと決めて欲しいと思っていますが・・・。
ひよこ | 2010/12/06 18:10
COMMENT