2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 心の解放 | main | 無気力な日々 >>
ハレとケ
 


昨日は久しぶりに家族4人揃っての夕飯だった。


ちょっと奮発してすき焼きにした。


お肉の味のしみた野菜はきっと美味しいはずなのに、味が良くわからないひよこは何を食べても苦味を感じることが残念だった。

すき焼き鍋の底が見え始めた頃、今月の祝日である勤労感謝の日の話題になった。
「勤労感謝の日はその昔は何の日だったのかなぁ〜」
と主人が言う。
しばらくすると義父がゆっくりと答える。
「・・新嘗祭じゃないのかな・・・」
夢中でお肉をほおばっていた息子が興味を示した。
「それって・・ハレとケでいったらどっち?」
「・・・・・何?」
「だからハレとケでいうなら、どっちになるの?」
「ハレ・・と・・ケ・・?それって何?」
「えっ?ハレとケとか言わない?」

主人もひよこも顔を見合わせた。
お互い「はれとけ」の指す意味がわからなくて、息子がトンチンカンなことを言っているのか?それとも今時の若者言葉なのか?もう一度息子に聞きなおした。
「えっ?知らないの?ハレの日とかケの日とか言うじゃん」
「ハレの日・・・?ケの日・・・?」
ますますわからない。

近くにあるパソコンですぐに検索してみた。


【「ハレとケ」とは、柳田國男によって見出された、時間論をともなう日本人の伝統的な世界観のひとつ。

民俗学文化人類学において「ハレとケ」という場合、ハレ(晴れ)は儀礼年中行事などの「非日常」、(褻)はふだんの生活である「日常」を表している。また、(褻)の生活が順調に行かなくなることをケガレ(気枯れ)という。

ハレの場においては、衣食住や振る舞い、言葉遣いなどを、とは画然と区別した。】
                                     
                                    ウィキペディアより


「ふーん、そんな言葉が存在するんだ〜。初めて聞いたわ・・」
主人もひよこもそれまで“ハレとケ”なんて言葉を知らなかった。
まだ18年しか生きていない息子に聞かれたことに答えられなかった事実がショックな様子の主人。
勤労感謝の日(新嘗祭)がハレなのかケなのか結局わからないまま息子は「ごち!」と言ってその場を去っていった。



                                    穏やかな今日




ひよこはショックと言うより
そんな場に居られることがただ嬉しくて『まだまだ死ねない』と思った。 (・e・)




スポンサーサイト
いつも拝見しています。
ひよこさんは闘病仲間はリアルにはいらっしゃらないのでしょうか。
こうしてblogをされているのでネット上で情報交換する方は多いかと思うのですが、現実世界にも同じように闘っている人との交流があると心強いですよ。
家族は支えになりますが、苦しみは同じ立場でないと分かり合えない。


私の母はひよこさんより年上ですが、乳癌を発病した時は同じくらいの年齢でした。
転移はなかったため温存療法での手術、化学療法をして、8年ほど再発はありませんでしたが、今年になって卵巣癌を発病、胸膜転移があり、手術の後化学療法を行っています。

治療の度に病院で会う同じ病気の仲間との会話や交流が精神的にも助けになっているようです。
メル友もたくさんいます。

母は、悩みながら、苦しみながら、それでも前向きに明るく生きています。
まさこ | 2010/11/16 20:04
こんばんは。ひよこさん ハレとケの話しには、私も目が点になりました 子供ってすごいですよね。私も、そんな言葉があるんだあって でもパソコンで調べたひよこさんも偉い!
何げない毎日が幸せなんですよね。私もひよこさんのブログに出会えて1日1日を大切に生きています。ひよこさんのおかげです…ありがとうございます。私も、これからの治療にがんばらないけど、あきらめない。ですよね。
ぽちぽち | 2010/11/16 20:39
最初に謝っておきます。題名みたとき、絶対、
ひよこさんのどこかが、ハレてきて、そこからケが、はえてきた報告だと思った。よかった よかった よかった。
ククク・・・。

湯気の向こうに笑顔のシーズンですね。
?友 | 2010/11/16 21:38
ぶわっはっはっは〜!
ごめん、ごめん。 私もタイトル見たとき、
?友さんとおんなじでひよこちゃんが晴れの日に。。って思っちゃったよ!

こんな真剣な話だったのに、ごめんよ〜〜!

確かに、たまに娘(13歳)が私たちに知らないことをポツリと披露してくれたりして、驚くときあるよ。 うれしいやら、驚くやら。。

ひよこちゃん、ぼちぼちがんばろうね♪
ぷりん | 2010/11/17 01:41
ひよこさん、こんにちは。
ハレとケ、私は知ってましたが、逆にそんな新しい言葉だとは存じませんでした。
柳田國男さんの本は面白いし、医療ジャーナリストとしての着眼点は見事なもので、尊敬しています。

ところで、素敵な海の画像のコメントに「今日」、とありますが、そんなに海が近いんですか、ひよこさんちって!

いいなぁ、海ナシ県に生まれ育つ自分としては、うらやましい限りです。
おいしい空気いっぱい吸って、免疫力UPですね!
marimo | 2010/11/17 12:20
★ まさこちゃん

いつも読んでくださってありがとうございます。
リアルで患者さんとの交流はしていません。
まさこちゃんのお母様には、力強い支えがあっていいですね。




★ ぽちぽちちゃん

そうだよね〜。“がんばらないけど、あきらめない”
思い出させてくれて・・ありがとう。




★ ?友ちゃん

どこも腫れてないし・・どこからも発毛してないですよ!
残念?な内容だったかしら・・・?

笑顔を忘れてしまいそうな最近です。




★ ぷりんちゃん

おもいっきり・・笑ってくれて、ありがとう!!

ぼちぼちの足取りが重く感じるこの頃です><




★ marimoちゃん

「海」と言っても漁港なの。
気分転換にと思って少し遠くまで車で出かけてみましたが、免疫力UPとは程遠い感じでした。ハハ・・

ひよこ | 2010/11/17 17:48
COMMENT