2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 通院  | main | 自分で自分の体を守る >>
転移性肝臓がんの治療
 


肝臓に乳がんが転移してから拭いきれない思いがあった。


それは肝臓の局所治療。






・手術による切除
・ラジオ波熱凝固療法
・肝動注化学療法


命を脅かす肝臓への転移はとても恐怖を煽った。
4年前の肝転移発覚当時、肝転移巣に対して主治医から手術による切除の提案がされなかった。
ひよこが手術を希望した際「合併症が無いと思われますか?」との真剣な問いかけにひよこには想像もつかない“危険”を察知した。
その時以来、肝切除は考えていない。





ラジオ波熱凝固療法は少し魅力的だった。
腹部にメスを入れることなく肝臓の治療が可能なこと。小さな腫瘍なら何度でも治療できること。身体に負担が少なく高齢者にも受け入れやすい治療であるといわれていること。
主治医にもまだ肝転移が多発していない時に相談したことがある。
いろんな理由があったのだろうけれど、『ひよこさんの場合は腫瘍が肝臓の側面で身体の表面に近いこともありお勧めできない』と言われ納得した。


【肝がんの治療を選択する場合、肝がんの種類、進行度、そして肝臓の予備能力など、考えなければならない条件が他のがんよりも多く複雑です。しかも肝がんの領域のここ数年の技術や新薬の進歩は目覚ましく、医師であってもすべてに精通することは難しくなっています。そこから生じる誤解も多く、医療現場を少なからず混乱させているようにも思えます。】

【3cm以下の肝細胞がんに低侵襲治療として最近よく行われているラジオ波熱凝固療法は、転移性肝がんに行うと明らかに再発が多く、再発した後の手術が難しくなります。】

國土典宏(こくどのりひろ)

東京大学臓器病態外科学大講座、肝胆膵外科学・人工臓器移植外科学分野 教授

がんナビ通信サイトからのレポート。
このレポートを読んでラジオ波の局所治療も選択肢から消えた。
というより今の肝転移巣の大きさではそもそも適応外であるらしい。
それにひよこの場合、乳がんが肝臓のみではなく、多発骨転移・胸膜播種(転移)ともうすでに全身に広がっている状況を考えてもやはり全身治療がベストなのかもしれない。
少し未練があったラジオ波熱凝固療法も諦めがついた。







今はドセタキセル・シクロフォスファミドで肝転移の更なる縮小を期待したい。
肝動注化学療法についてはまた後日。              (・e・)

       

スポンサーサイト
『治療の選択』って、すごく難しいよね。。
100パーセントの納得って、あるのかな??
なんかいつも『これでよかったのかな??』って、考えちゃうよ。

美味しそうな栗だね!食べるのが面倒だけど、
栗、大好きなんだ。日本はもう秋なのかな?


ぷりん | 2010/10/06 14:07
転移性肝臓がんのこと「拭い切れない思い」とあり
私も、ひよこさんと同じ気持ちです。

私の場合、乳がん発覚とほぼ同時に骨・肝転移を
知らされました。
ひなたさんは、体にがんが散らばっている状態なの
で、体力温存で様子を診ながら治療をして行く・と
主治医の説明がありました。

ひよこさんが言われるように、肝転移に対して
いくつかの治療法はあるようですが
私はホルモン治療のみで、術後8ヵ月が過ぎようと
しています。
あんな小さな薬一粒で大丈夫なのだろうか?と
色々な思いが浮かんできます。

ひよこさんブログに訪問される方々は
おそらく同じ症状の患者さんでしょう。
そしてひよこさんのことを、ご自分と重ね合わせて
見ておられると思います。
だからこそ、ひよこさんの心の中が
自分のことのように思えてなりません。
そして私も、その中の一人です。

ひよこさんの治療が奏功され
また良い結果の報告を待っていますね(*^_^*)









ひなた | 2010/10/06 14:52
私は肝臓転移でラジオ波を一年に一回受けて今年で三年になります。ひよこさんのいわれている通り再発の確立は転移癌では多いのではないかと思います。しかし、手術自体も簡単で一年は全く普通の人と同じ生活が出来ました。何度も出来るのがメリットですが、今回私は肝臓切除に踏み切りました。切除後も再発したら…と不安はありますが、性格上後でやっとけば…と後悔したくない性分なので…
100%は納得は自分がやって良かったと思えるかで決まり結果ではない気もしますね。難しい問題ですが、ひよこさんの気持ちが痛いほど分かります。
彩か | 2010/10/06 22:40
ひよこさん、おはよう〜
体の「だる重」大丈夫でしょうか?

ひよこさんに「しこりが大きくなったらその時考えればいい」と言ってもらえて、気分が楽になりました。
肺にも1個微小のしこりがあって、大きさは最初から変わらないの。これも気になって。
でもそうよね、先を思い悩んでばかりじゃいられない。
今を生きなくてはね。

厳しい治療に真っ向から立ち向かって、いろいろ勉強している。
そんなひよこさんの姿勢に今日も勇気をもらって、笑顔でいきま〜す。

陶板浴に行ってくるね。ぽかぽか気持ちいいの。
ふうこ | 2010/10/07 08:19
★ ぷりんちゃん

自分の体は一つしかないから、100%の納得はないかもね。それでも自分の選択した治療方法を100%納得したい。

栗も柿も・・リンゴも美味しいよ。食欲の秋!天高く馬肥ゆる秋!!だよ。




★ ひなたちゃん

先ずは体に優しい治療から・・患者思いの主治医ですね。
ひなたちゃんのホルモン療法が奏功して良い結果の報告をお待ちしていますね。




★ 彩かちゃん

ラジオ波に・・肝切除・・経験者のお話を伺うと現実的な事実に勇気をいただきます。ありがとうございます。
しないでする後悔よりもしてみてする後悔の方が納得できますよね。
お互いにがんばりましょう。




★ ふうこちゃん

陶板浴って岩盤浴みたいなのかな?
気持ちよさそうだね!
体を暖めることは免疫力↑間違いなし。
あれもこれもホルモン治療で消えちゃうかもよ!?

今日は身体が少し軽いよ。
お天気も爽やかで気持ちいいから、ちょっと忙しい・・?

ひよこ | 2010/10/07 14:06
COMMENT