2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Aquarium | main | 主治医はコーディネーター >>
多発肝転移の評価
 


さらに上がっていたマーカー値 CA15−3。


NCC−439は僅かに下がっていた。


「正直微妙ですね。僕としては横ばいと捉えていますけど・・・。先月(7月)はマーカー値の検査をしていないので何とも言えませんが・・・。」
主治医は今までのような幅の上がり方でないことに手ごたえを感じているようだった。
ただ「著効」とはいえないとも付け加えられた。





タキサン系ではあるけれどタキソテールは初めての薬剤。
本音を言えば「著効」を期待していた。
あんなに辛い副作用に見合う効果が得られなかったことが、少なからずショックだった。





落ち込んでいる時間もなく・・超音波検査。
「大きく息を吸って〜。はい、そこで止めてください。・・・・・楽にしてください。」
繰り返すこと数回。
ひよこ自身も画面を食い入るように見てみるけれど、いつもよくわからない。
それでも今日は小さな黒い影が幾つも見えた。
『前より・・増えてるんじゃない・・・?』





固唾を呑んで・・・Drの言葉を待つ。
「今まで経過観察をして来た一番大きいしこりは小さくなったと思います。それからパラパラとある小さなしこりはより鮮明に見えるようになりました。ただ・・数が増えているようです。」
付き添ってくれていた主人が質問をする。
「小さなしこりは・・・幾つありますか?」
「一つ・・二つ・・・三つ・・・これもそうですね・・・全部で六つでしょうか。」
先月始めに撮ったCT画像をスクロールしながら主治医が数える。
『えっ?そんなにたくさんあるの??』





三つくらいと認識していたひよこはDrの数えたしこりの数に絶句した。(・e・)



スポンサーサイト
通院お疲れ様でした。
旦那さまが付き添ってくれてよかったね。
一人だとすぐに質問がうかばなくて後から気付いたり、先生の言葉も素通りしちゃったり(これは私のこと)。

マーカー値も上がりかたが緩やかになったんなら、タキソテールも効いてるんだよ!
次回は下がりだすように祈ってるよ。

小さいのが増えた事がとても辛いよね...
でも大きいのが小さくなってる...明るい材料もある!!
副作用が辛いけど、一緒にやっていこうね。
ふうこ | 2010/08/20 18:37
ひよこちゃん お疲れ様でした
微妙な評価だけに余計に疲れたでしょうね…
私も同じ症状なのでいつも治療法について考えています
肝動注など抗がん剤以外の方法も相談されてもいいかと思います 肝臓は再発しやすくしかも肺にも近いので なんだか焦ってしまいます
ごめんなさい 余計なことだと思います
でも後悔だけはしたくない
顔晴りたい
とんこ | 2010/08/21 00:03
むむむ・・・。
効いているんでしょうけれど、微妙な診断ですね。
あんなに辛い思いをしてきたんだもの、横ばいくらいじゃ納得できない気持ち、わかります。

ちょっと治療のことは忘れて、お嬢さんと久しぶりのTOKYO、楽しんできてください。
お待ちしてます☆

marimo | 2010/08/21 05:28
★ ふうこちゃん

以前、ふうこちゃんのコメントで
「3クールまでは横ばいで・・その後下がりました」っていう希望の持てる言葉に、ひよこも力を頂きました。
もう少し顔晴ろう!と勇気が持てました。
ありがとう。一緒に顔晴りたい☆




★ とんこちゃん

そう!後悔はしたくない・・納得して治療をしたいですよね。
たった一つの命、大切にしたいね。
うん、顔晴ろう。




★ marimoちゃん

男性軍に留守をお願いして・・娘を口実に・・気分転換です。
「がんを生きる」秘訣は気分転換かも?

図々しいおばさんでごめんなさい。
ひよこ | 2010/08/21 20:20
COMMENT