2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 犯人は・・・だれ? | main | 里山 >>
シャント術
 


昨日は義母のシャント術だった。


くも膜下出血の手術から約50日。
術後、血管攣縮がおこり意識のレベルが低くなった。
体温調節もうまくできない。
脳内の水がうまく循環せずに脳に溜まり始めていた。
この水頭症の拡大によりさらに意識レベルが低くなった。

今回はこの脳に溜まる水(脳脊髄液)を人工的なシステムにより、脳室から腹膜を破って腹腔内まで流れるような管を通す手術。
Drって素晴らしい!
「そんなことができるんだ〜!」って驚くことばかり。
そんな難易度の高いオペを日常的にこなしていらっしゃる。
とてもひよこと同じ人間のなせる業とは思えない。

脳内の水を抜いてもらった義母。
早速、変化があった。
まず目を開いている時間が長くなった。今までは一時的に開くことはあっても、その目はうつろで、すぐにまぶたをつむってしまっていた。
さらに眼球が動くようになった。
見えているのか見えていないのか・・はっきりしないけれど、ゆっくり・・ゆっくり・・まなこが左右する。

「水を抜いた後、1週間くらいして意識がはっきりしてくることが多いです。」
術前の説明の時Drがおっしゃった。


kiitigo1.jpg


庭の木苺の実が色づき始めた。
義母も毎年楽しみにしていた木苺。




毎朝一番に摘みに行ってるのに・・・鳥に先を越される日もある。
義母が食べられるなら摘んで病院へ持って行くのになぁ。


mangetu1.jpg


病院からの帰り道。待宵の月。「14番目の月」 だった。




1週間後に期待したい。       (・e・)



スポンサーサイト
こんにちわ。ひよこさん。
こちらにもおじゃまします。
うちの義母が3月に心臓動脈瘤の手術をしたんです。
術後心嚢に水がたまって緊急に水を抜く
処置をしたり肺の水を2回抜いたりで
大変でした。やはり医者ってすごいなって
思いましたよ。
なんだかにてますね。ひよこさん。
義母は今は元気です。
だからひよこさんの義母さまもきっと元気に
なりますよ。

きりうさ | 2010/05/28 17:35
★ きりうさちゃん

ビックリしました〜!!
お義母さま・・大変な手術をされたのですね。

きりうさちゃんのお義母さまにあやかって、うちの義母も良くなってほしいです。

私たちも顔晴りましょうね☆
ひよこ | 2010/05/28 18:04
こんばんは

お義母様、手術されたんですね。

医学の進歩って、やっぱ凄いです。

お義母様、木苺食べられるようになるといいですね!

きっときっとよくなります。
お義母様、顔晴ってるんですもの!

私達も顔晴って1日1日を大切に生きなくちゃね!!
ごめちゃん | 2010/05/28 19:38
★ ごめちゃん

今年の木苺は無理かもしれないけれど・・
来年はきっと・・義母の口に入るといいです。
ひよこ | 2010/05/29 21:56
COMMENT