2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 再発乳がん長期生存の必殺技! | main | 秋の長雨… >>
主治医の最後の診察
 

今日、月曜日は主治医の診察予約がはいっている。

おそらく最後になるであろう4月から代わったばかりの主治医の診察。



後悔は無い。

乳腺外科医としての医学的知識は豊富でいらっしゃるのかもしれない。

でも…そんな優秀な主治医の診察後…残る不安感。

そんな不安がつもり積もって…精神的に壊れていく自分の心と体…。



どんなお別れの診察になるのだろうか。



大学病院の医師でもある若い主治医はたぶんお優しい。きっと大勢の患者さんに慕われていらっしゃるに違いない。
たまたまひよことは合わなかっただけ。
幸か不幸か、寄り添う努力をしても…ますます溝は深まってしまった。

みなさんからもいろいろとアドバイスを頂き決心できました。ありがとうございました。

大切なことは“自分の病状の経過を見守って下さる医師が常勤している”ということかな。
乳がんの再発・肝転移・多発骨転移で抗ガン剤治療を続けていると、突発的に副作用がでたり病状が悪化するかもしれない。
残念ながらひよこの通う総合病院では「チーム医療」なんていう体制は整ってはいない。
乳腺専門ではない常勤のDrとのお付き合いが、吉となるのか凶となるのか…?

自分の気持ちに正直に生きるだけ。。。


11時30分 診察予約時間です。  行ってきます!





そういえば我が家の庭に可愛らしい「秋」見つけました。





えのころ草。

秋色で…草なのに…かわいい。




アップで。。。




とっても素敵だったから…草取りもかねて活けてみました!





こちらはいつもの散歩道のえのころ草。


黄金色の稲穂に映えます。(すっごい田舎でしょ〜(^^;))




こちらは我が家のえのころと比べると、少し大きいですね。

「えのころぐさ」の名前の由来は、やわらかく風になびく花穂(かすい)を子犬の尾に見立てての名である」とか…。
関東地方などでは「ねこじゃらし」とも呼ばれているそうですね。
猫をじゃらす道具なのでしょうか…?!


いかにも愛らしく、手触りも心地よく…好き ☆          (・e・)



スポンサーサイト
こんにちは!

ひよこちゃんちの近くに、私の蓼科で感動して写真を撮りまくった”黄金の稲穂”や
秋色ねこじゃらしがあるなんてーー(T_T)
きっと瑠璃色の実もあるんじゃない?
今度 秋色探しに行こうかなぁ〜(^^♪

今…スッキリしてるといいな(^_-)-☆
ぴあのん | 2009/09/28 14:08
★ ぴあのんちゃん

おはよう♪
昨日からどんよりとしたお天気で…気圧の変化に敏感なひよこはちょっとへたれてます。。。(>_<)

気圧が安定したら…ひよこも秋探しに出掛けてみよ〜☆

PS.ぴあのんちゃんの写真…どれもこれも、めっちゃイイ!!!素敵な暮らしだね。お手本にしたいな☆
| 2009/09/29 09:39
COMMENT