2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「生け花を楽しむ」の巻 | main | 鯛 >>
主治医とのバトル!…涙の訴え!!
今日は快晴。

爽やかさを通り越して、強い日差しはアツイくらいでしたね。
でも、乾いた空気は心地よく、意識して大股に颯爽と歩いてみました。

『私、乳がん患者です。遠隔転移・再発しています。病期で言えば…末期…です。
でも、元気です。』
って声に出して叫びたいほど感傷的になって、大きく息を吸って歩いてみました。


今週の月曜日、新しい主治医の診察があった。
胸部・腹部の造影CTの結果報告の日。
「縮小傾向」との所見だった。
「ゼローダの減量・休薬という選択肢はありますか?」
とひよこは提案してみた。

「ないです。」
間髪容れず強い口調で即答する主治医。
「どうしてですか?」
「今の治療で効果があるからです。」
とドクターがいう。
ひ:「効果が出ているから少し減薬したり、休薬期間を長くとったりしてはダメですか?」
D:「増悪するかもしれませんよ!」

……たしかに増悪するかもしれない…。
でも、ひよこの今の思いを伝えたい、そして主治医だけにはわかって欲しい。

ひ:「増悪しないかもしれませんよね?
 抗ガン剤は身体にとっては、正常細胞までたたいてしまう…言うなれば<毒>ですよね?
 最低量の抗ガン剤で効果が出る…そんな治療が理想なんです!そのぎりぎりのラインを 自分の身体で探っ てみたいのです…。」
D:「お気持ちはわかります。
 仮に服用の量を減らして治療をしたとして、増悪したら、その時はもうゼローダは使えませんよ!」
ひ:「どうしてですか?また、元の量に戻したらいいじゃないですか?エンドキサンをか ぶせてもいいんじゃあ ないですか?」
D: 「増悪した…という時点で同じ薬を使うというエビデンスがないからです。」
ひ:「再発患者としては、残り少ない薬を一つ一つ大事に大事に使って、なるべく、一日 でも長く今の薬でひっ ぱりたいんです。」
D: 「でも、増悪したらその薬は効かないと判断するべきだから…」
ひ:「抗ガン剤の治療も長期間になってくると、薬も蓄積されて、いろいろ副作用がでてきます。身体も至る所に 少なからず悪い変化があります。
 効果があるのに、副作用に耐えきれず別の薬にチェンジする…なんてことは避けなければなりません。
 だとしたら、使う量を減らせばその分、長く使えるってことですよね?」
D: 「でも、今の治療で効果が出ているのだから、このまま続けるべきです。耐え難い副 作用があるわけでは ないでしょ?
 言ってること、わかりますか?」

もう、このあたりからひよこの涙があふれでてきて…とまらない。

ひ:「わかりません!!」
 「辛い思いをするのは私たち患者です!先生はマーカーが安定して、画像が縮小すればそれがベストな治療 だと思われるかもしれませんが、完治のない私のような再発患者は、なるべく少ない薬で、今のQOLをキープし たい。。。
 そのためには、その薬のさじ加減をこの自分の身体で試して探って行くしかないんで す!!!」
D:「お気持ちはとてもよくわかります。つらいんだよね?」
ひ:『健康なドクターにがん患者の辛い気持ちがどうわかるというのか…』

同じような会話を2,3回と繰り返し…話は平行線のまま…。。。
ますますヒートアップするひよこは、涙腺も全開で…ドクターの言っていることは納得できないし…。

ひ:「じゃあ、先生。
 お願いがあります。
G.Wに旅行の計画があります。
 本来なら今日からゼローダが始まる予定ですけど、薬が入ると体調が悪くなるし、ムカムカするので食欲も落 ちます。
 今週、一週間だけ余分に休薬してもいいですか?
5月4日からはいつも通り飲みはじめますから…?」
D:「そうだね。一週間くらい大丈夫だとおもうよ。
 その後のことは、今日の採血の結果をみてから考えようね。」
 と、最後は部分的にひよこの意志を聞き入れて下さいました…。

治療は、患者と主治医との2人3脚。

見たところ30歳前後というお若いドクター。

ワガママな患者ですけれど、私、必死です。

命がけですから…

これからもよろしくお願いしますねっ!!!!!    (・e・)

  
スポンサーサイト
ひよこちゃん(*^_^*)
泣きながらでも自分の意思を伝えられるって凄いと思う!!!
それだけ真剣なんだよね
それだけ必死だってことだよね
そういう気持ちをわかってくれる先生ってどれくらいいるんだろう?
私の主治医はどうだろうってちょっと考えさせられるブログだったよ!
| 2009/05/01 23:22
★ 光ちゃん

自分の身体は自分にしかわからないし、自分で薬のさじ加減を探ってみたくなるんだよね〜。
今度の主治医とうまくやっていけるか…微妙〜(^^;)

光ちゃんはお年頃の娘ちゃんがいるの?
結婚って…最短でもうすぐ光ちゃん、おばあちゃんになっちゃう!ってこと?
孫はかわいいって言うから合ってみたいけど、複雑な気分かも。。。
| 2009/05/10 00:23
COMMENT