2005年右乳房全摘、局所再発・多発肝転移・多発骨転移・胸膜播種転移治療日記。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
チーズ・ケーキ♪焼きました〜♪♪
今日は昨夜からの雨もあがり、すがすがしい五月晴れですね。
北風が強くて…車に乗っていてもあおられそうなくらい…。
でも、雨降りより全然いい!
だって、頭が痛くないもん!!

低気圧に過敏に反応してしまうひよこは、昨日は午後くらいから頭痛が始まって、体調が悪かった(>_<)
でも、昨日は大事な日…。

娘の18歳の誕生日でした!

まったり休んでいる場合ではありません。
前の日の夕食後
「明日は何が食べたい?」
って娘に聞いてみた。
毎年、誕生日にはできる範囲で子供たちのリクエストに答えて夕飯のメニューを決めている。
幼い頃は”ハンバーグ”って毎年張り切って答えてくれた。
今年は何をリクエストしてくるかな〜って興味津々で娘の返事を待った。

「ん〜?何にしようかな〜? パスタはこの前のお昼に食べたし…ハンバーグはちょっと胃にもたれるかな…?」
最近の娘は以前のように食べない。息子は肉・肉・肉が食べたい!!ってタイプ。
この頃の娘は、お弁当も野菜サラダがメインで+ちょこっとおかず+おにぎり。
体質が変わってきてるのかなあぁ〜?
おとなの お・ん・な になりつつある…ということかしらね?!

自分はどうだったのかと思い出そうとしても、30年も前のこと(^^;)
はっきり記憶がない…。

「エビフライがいいかな!」
ときた。
「でも、今日唐揚げ食べたし…揚げ物が続いちゃうね…?!」
って、つい聞いておいてクレームをつけてしまった(^^;)
やばい…と思いすぐにフォローした。
「オムライスはどう?」
「いいね〜!最近食べてないしね!!」
「じゃあ、一緒にミネストローネでも作ろうか?」
って聞いたら、かわいくないリアクション。
「…あれ、あんまり好きじゃない…コンソメ・スープがいいなっ!」

昨日は午前中、外科と整形外科のダブル受診。
薬を受け取り、時計を見たら午後1時をまわっていた。

3時からは歯医者の予約が入ってる…。
ケーキやさんに行っている余裕は無いかも…?
今日はチーズ・ケーキで我慢してもらおう…。 

歯医者から帰って、急いで焼き始めた。
粗熱が取れるのを待って『どうか冷えますように!』と祈る気持ちで冷蔵庫に入れた。

ラッキーなことに娘の帰宅時間がいつもより遅い!
もう食べ始めようか…って言ってたら彼女が帰ってきた。
お友達と食事?とも考えてみたりしたけど…考えすぎだったみたい。

「ケーキとか買っちゃってあるわけ?!」
って息子がちゃかす。
「うん!お母さんがチーズ・ケーキ焼いたから!!」
って言ったら
「マジで?もー超感激やん☆☆☆」
って満面の笑みを浮かべて喜んでくれた娘。

嬉しかった。

何の飾り気もないケーキだけど、母が気持ちを込めて焼いた、娘の大好物のチーズ・ケーキ。


紙皿が情けないですね…


微妙〜にいびつな形の8分の1カット。


おまけの杏仁豆腐。

来年も、きっと焼くからね!!
あっ、もしかしたら一緒に暮らしてないのかもね…?
第一希望の大学に合格できたら…だけどね。

母は複雑な気持ちですよおぉ〜。。。  (・e・)


















G.W連日天気もよくて気持ちがいいですね。

今日は接骨院まで歩いて往復しちゃいました!
片道、20分くらい…ひよこには限界の距離だったかな…
でも、のんびり歩くのも、たまにはいいね。

明日は憲法記念日。

憲法第9条をあらためて見直す日でもあるようなきがします。

そうそう。閃いた!
ドラッグ・ラグの日…なんて言う日があってもいいかも!
がん患者だけではなくて、国民的規模で考えてもらえたら、フット・ワークの弱い
ひよこたち再発患者には、有り難い。。。
どうかな?


昨日、娘のお友達の父上様が釣りに出かけられ、大漁だったらしく
我が家にもお裾分け…ラッキー☆
わざわざ玄関先まで届けて頂いた!!

「たくさん釣れたので、どうぞ…」
って、受け取った瞬間???
ずっしりと重い…
「鯛」であるという情報は娘を介して把握していた。

「お腹も出して、うろこも取って…下処理はしてありますから。
塩焼きにされたらいいと思いますよ。。。」

氷も添えてあり…とても繊細なこころ配り。
なんて優しいんでしょう。
ひよこ! 感激です!!


ずっしりとして、身が厚く…とても、ひよこの手におえそうもありません(^^;)
そこで、義父の登場です!
頭と尾を落として、身は2枚におろして…6切れに切り分ける…お見事!!!

頭は尾と一緒にかぶと煮に、身はアドバイス通りに塩焼きにして頂きました(^o^)
もっちりとした白身は甘くてとても美味しい。。。
天然物ってこんなに美味しいの?
ってビックリしちゃったよ!

今までで、一番美味しい「鯛」であった…かもしれない。  (・e・)



旬の味覚
今朝はちょっと冷えましたね。

3月下旬の気温だったとか…
ひよこの初出勤の朝を思い出しました。

さかのぼること25年。
4月1日。
社会人デビューの初日。
入社式の朝は今日のようにとても冷えて寒かった。

当時はスプリング・コートなんてこ洒落たアイテムもなく、ストール一枚さえ持ち合わせていなかった。
この日のために準備をしたスーツは春・夏仕様。
インナーはペラペラのブラウス一枚。

今思うと、ブラウスの中、重ね着でもすればよかったのに…
若さ故…だったんでしょうね〜
自分のファッションのポリシーがそれを許さなかったのでしょうね。
たぶん…。

自宅を出て駅まで歩く道中、寒くて寒くて…がくがく・ぶるぶる…震えながらも、見栄を張って、背筋を伸ばして、ヒールをコツコツと鳴らして…
そんな記憶が鮮明に思い出されました。。。

日中は穏やかであたたかく、頬を撫でる風がここちよかったかな〜(*^_^*)

さて、旬の味覚…といえば……?
『あさり』

姉が島アサリを注文したから…といって届けてくれました。
お味噌汁にもってこいの小粒なものと、酒蒸しにいい感じの大きさのものと…どっさり。
嬉しいですよね〜♪有り難いですよね〜♪♪
ありがとう、お姉ちゃん!

昨日頂いたので、昨日の夕飯は、赤だしのみそ汁と酒蒸しという王道的なメニュー。
それでもまだたくさん残っているから…今日はパエリアにチャレンジしてみました〜。



最後に使った時が思い出せないくらい…棚の奥のほーにしまってあったパエリア・パンを引っ張り出してきて…。
娘が帰ってくるなり
「いいにお〜い!あっ、パエリアか〜♪ 美味しそう♪♪」
とか言って、先発隊の祖父母の食べているところから、つまみ喰いをして…
「ん〜、美味しい!」
「へ〜、我が家にこんなお洒落なフライパン、あったんだ〜!」
となかなか嬉しいリアクション…



続いて主人が帰ってきました。
「外、すっげぇーいい匂いだけど…何?」
「おっ、チャーハンか!」
違いますよ!パエリアです!パ・エ・リ・ア!!!




冷や奴の支度を娘にお願いした。
男前豆腐。
反応がまたおもしろい…
一つお皿に出してから気が付いたらしく(ひよこも気が付かなかった)
「えっー、笑えるぅ〜。名前が付いてるし…しかも3人とも違うよ!
この人…顔が濃いよぉ〜。見て見てお母さん!!マジ、うけるし!!」
テンションが上がってしまったか…!?

さて、お味は…
まぁ、こんなもんでしょ。。ちょっとサフランと黒こしょう足りなかったかな?

慣れないことをするのには、それなりにバイタリティーを必要とする。
でも周りの反応が素直に嬉しい。
自分から変わってみないと、何も変わらないんだなぁ〜!ってわかった。

午前中は接骨院・婦人科・乳腺外科と忙しかった一日でしたが、ひよこ顔晴りました〜☆
                      (・e・)




旬を味わう
春、たけなわ。

昨日の嵐のようなお天気とは、うって変わって今日は日差しも戻りよく晴れましたね。
でも、一日降り続いた雨のおかげで、山の新緑も、庭の木々の芽も、乾いた空気も洗われて、より一層生き生きと蘇りました。
ひよこのプチうつも洗い流されて…リフレッシュ!!

さて、今日はお買い物に行ったら、ひよこの背丈ほどもある『蕗』を見つけました。
春ならではの大人の味覚。
食べた〜い!
と思ったから何も考えずにレジかごに入れました。

でも考えてみたら、ひよこは未だかつて『蕗』を調理した経験がない。
義母にお願いしようかな…
でも、今日はポジティブ。
やればできる的な気持ちが湧いてきた。

料理が得そうなお友達に助けを求めて、アドバイスをもらった。
下ごしらえの方法から味付けまでレクチャーしてくれた(^o^)
ありがとう。○○さん。これからも頼りにしちゃいます!

夕方、別のお友達の家に行ったら、なんと『蕗』のお裾分け。
庭を眺めてみると、柿の木の根本に群生する『蕗』
ごちそうさま〜。
来年は『ふきのとう』も頂に来るからね〜って予約しておいた!!

いただいた『蕗』は新鮮でやわらかそうで、買ってきた『蕗』よりも断然美味しそう。
今日はこちらの『蕗』から頂くことにしよ〜っと。
お友達のアドバイスを思い出しながら…チャレンジしてみました。



人生、初めての『蕗の煮付け』です。
ちょっぴり醤油が濃くなっちゃった(^^;) わかちこ♪わかちこ〜♪

気が付いたら、携帯にメールが入ってた。
「春の香り…お届けしました〜。」
レクチャーしてくれたお友達からでした。
郵便受けを覗いてみると、山椒(木の芽)が一枝…。

さりげないこころ遣いに感激!
初めての一品が素敵…?にランクアップしました。

旬の素材…魚介・野菜・果物…などなどなど…
味と栄養が最も良いですよね。
身体にもよさそう。
しかも、お値打ちなところがまた魅力的!
免疫力も上がるかも。。。

今こその、季節の味を…しっかりと味わいたい…。
生きる力を…味わいたい…。。。        (・e・)





闘病ブログランキングに参加しています。
ワンクリックして頂けると、明日へと繋ぐ命の支えとなります。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村





本日も雨
連日、冷たい雨の毎日です。

雨音も嫌いではないけれど、毎日ともなると気持ちも沈みがちです。
このぐずついたお天気…菜の花が咲く頃に降り続く雨の意で『菜種梅雨』とも言うそうですね。

菜種と言えば、直木賞作家、山本一力著『菜種晴れ』を思い出しますね〜。
自分の力で困難を気丈に乗り越える主人公、二三(ふみ)。
二三の幼少から大人になるまでの成長過程がテンポよく描かれている作品です。
泣けます!
彼女のように厳しい状況におかれても、かすかな希望を糧に強くしなやかに生きて行けたら…と思っています。

話はそれましたが、菜種と言えばやっぱり
おひたし・ごま和え・パスタ……ですよね〜
と言うわけで本日の献立は決まり!

『菜の花パスタ』作ってみました!! (・e・)








術後、7日目。

全摘手術から一週間。
特に変わったこともなく経過は順調だった。

朝の回診時。
ドレーンを抜いた後も良好。
腋の腫れもない。
ただ、傷口から鎖骨辺りまでの痛みがひかない。
傷の痛みはわかるが鎖骨へかけての痛みが理解できなかった。
ドクターに尋ねると
「鎖骨リンパ節まで郭清しているので、鎖骨まで皮膚をはがしている。見た目の傷以上に炎症があるのはしかたのないこと。痛みは1ヶ月位続く」
との説明があった。
想像すると目眩がしそうな処置で、改めて手術の怖さを知らされた。
が、とてもわかりやすくて納得できた。

ドレーンを抜いたばかりだったので、今日はナースに身体を拭いてもらった。
蒸しタオルを保温バッグに入れて、暖かいタオルで丁寧に身体を拭いてくれる。
いくら仕事とはいえ、見た目に元気そうにしているひよこの方が小っ恥ずかしくて恐縮した。
そのうえシャンプーまでしていただいた。
ドライヤー付き…いわゆる美容院で言うところのシャンプー・ドライのコース。単品のメニューコースにしたら高くつくんだよ。

まさに至れり尽くせり…のもてなし?の一週間であった。


雛菓子
今日は久しぶりにお菓子を作りました。

お雛様には『雛あられ』が定番ですが、家族は誰もお好みではないようで、毎年残ってしまっていました。

そこで…!
気合いを入れて腕をふるって?みました〜。。。
シフォンケーキ3種盛り!!です。
抹茶・ココア・メイプルシロップのシフォンケーキにちょっとパテシエを気取って庭のミントをあしらってみました。

たまたま今日はダスキンのレンタルの日で、ダスキンのお姉さんに味見してもらいました。
「フワフワでおいしいーっ!」
お世辞とわかっていてもこう言ってもらえると嬉しくなります(^o^)

お仕事中だったけれど少しおしゃべりして…
彼女曰く、
「私もよくシフォンケーキを作るんだけど、失敗して『ういろう』…みたいになっちゃう(笑) 最近は子供のおやつに米粉パンをよく焼くんですよ!パン教室にも通ってるんです!!」
…ん、パン?
ひよこの中の眠っていた何かがくすぐられました。
パン作りもいいよね〜。
早速、彼女の通っている教室を教えてもらいました。
パン教室デビューもいいかもね。

乳がんの肝転移・多発骨転移という厳しい状況のひよこですが、今、あれもしたい、これもしたい…気持ちがふくらんでいます。


パンクしないように気をつけよ〜っと…。     (・e・) 

芋けんぴ
強い日差しに春の訪れを感じます。        
いっきに駆け足で来るの?…という勢いです。
桜もビックリあわててしまいそう!
花見の予定がくるってしまいそうですよね〜。

今日はバレンタインデーですが、ひよこは『いもけんぴ』を作ってみました。
ひよこ的にはチョコレートよりサツマイモ!



嵐のような雨も上がり、体調と低気圧は微妙な関係かも……。
今日は、ロキソニンに頼らず一日過ごせそうです。
ひよこ、頑張りました〜  (・e・)








洗面所で時々顔をあわせる度に視線を感じていた。

始めのうちは軽く会釈をする程度・・挨拶をかわすようになり・・会話をする間柄!?にになった。
一番心に残っている言葉。
「最近、表情がいいよ。最初見たときとは別人みたい・・・。」
自分では気がついてなかったけれど、術前はよほど暗い顔をしていたんだなぁ。
彼は長く入院いている様子で大先輩の貫禄たっぷりだった。
ご自分の病気のこともためらわず話して下さり、しかも厳しい状況を自然体で受け入れておられた。
ひよこは彼のように穏やかに生きていけるだろうか?
くったくなく話す彼に考えさせられた。

その彼の事を主人に話した。
なんとその彼は主人のスモーキング友達だった!
そういえばこんな事も言ってた。
「ご主人、優しいね〜。毎日見舞いに来て・・・。なかなかできる事じゃぁないよ。」
その時は、『なんで、そんなこと知ってるのかな?』と思ったけれど、疑問が解けた。
彼はドクター・ストップがかっかているのにもかかわらず、たばこが止められないこと。
体調が悪くなり原因がわかるまでにかなりの検査と時間を要したこと・・・。
そして今の状態があまり良くないこと。
ひよこより主人の方が彼の事をよく知っていた。
50歳を少し超えた位のジェントルマン。
穏やかな表情が今も印象的だ。

王子と呼ぶにはかなり無理がある彼。
ニコチン男爵とでも呼ぼうか?
今日もどこかで好きなたばこを吹かしていると信じたい・・・。


おとな買い?
明日はバレンタインデーですね。 

昨日、体調が優れなかったので、今日はロキソニンに頼ってしまいました。
おかげでいくらか身体も楽で気分もいいです。

娘に頼まれて買って来ました。これって、おとな買い?
部活動の男子への義理チョコを手作りするそうです。
娘を見ていると、ひよこも遠い昔の記憶が蘇り甘酸っぱい気持ちになります。
高校生活を悔いのないように思いっきり楽しむんだよ!
母も応援するからね!!!

今夜は台所を占領されそうです…。  (・e・)







お風呂目指していそいそと歩いた。

二つお隣の病室のドアが開いていたので、それとなく見てしまった。
4人部屋の廊下側のベッドに目がとまった。
高校生くらいのイケメン。
右足にギブスをしていた。
その彼と目が合った。
何故かあわてて目をそらせてしまった。
息子と変わらないくらいの歳の彼に、ちょっとドキドキしている自分にあせった。
トイレへ行くとき、シャワーへ行くとき、毎日体重を量りに行くとき、横目でちゃっかりチェックした。
結局、その彼とは話すきっかけもなく新たな展開には至らなかった・・・。
そりゃそうだよね。
彼にしてみたら、こんなおばちゃんになんか興味なし!だよね。
見舞っていた母親らしき女性はひよこより若そうだった。
そしてきれいな彼女(ひと)だった。
ギプス王子、君はお母さん似なんだね。
健康そうな母親でよかったね。
恋愛と母性愛と錯覚しそうなひよこを楽しませてくれてありがとう!

ほどなく、ギプス王子の代わりに年上の彼が現れた!!


春を探しに
心配していた放射線治療も回避でき、春を探しに出かけました\(^o^)/
寒さが緩んだせいか、検査結果に安心したせいか、今日は身体が少し楽です。
このまま春が来るといいのになぁ♪










昼間っからビール飲んじゃいました(^^;)
『地ビール』って響きにつられて・・・。
美味しかったわぁ〜。。
アルコールなんて久しぶりだったから格別!
手作りソーセージもうまい!!!
新鮮なお野菜もたっぷりでご機嫌な一日でした〜。



春も少しだけ楽しめて・・・超安上がりなひよこでした。    (・e・)

















泣けばよかった。

辛いの!苦しいの!って声に出してワーワー叫べばよかった。
悲しみをわざと押しつぶして、気丈ぶってた。
がんである事を認めたくなかった。
でも心の底では、不安と恐怖でいっぱいだった。
ひよこだけ時間が止まってるみたいだった。
でも、当たり前に一日が終わりまた朝がくる。
こんなに悲しく、苦しくても空腹になる。
滑稽だ。
ひよこ以外、何も変わっていない。
いつもと同じ毎日。
病を知ってしまったひよこだけが苦しい。
笑ってる人をみてみょうにイライラした。
「何がそんなに可笑しいの?どうして笑えるの?」
そんな気持ちを誰にもぶつけられず孤独な気持ちのまま、泣くタイミングをなくしていた。

手術をしてからは不思議と気持ちは少し楽になった。
それでも他人と関わることが煩わしくて『面会謝絶』のプレートをつけっぱなしにしてもらった。
実際のところ病気のことは家族と親・姉兄、職場の上司にしか話してなかったので、見舞に来る人もいなかったわけだが・・・。
ご近所さんの興味本位なご機嫌伺いだけは遠慮したかった。

泣きたくても泣けない、意地っぱりながん患者だった。


ランチ
 今日は、心療内科へ行ってきました。
 肝転移がわかり、極度の鬱状態になってしまった時から、通院し続けています。
 診察後、気晴らしに病院近くのお気に入りのお店でランチをしました。
 本日のランチメニューは、ハンバーグ・クリームコロッケのワンプレートランチでした。スープもサラダもおいしくいただきました。
 おなかいっぱいにもかかわらず、寄り道をして、ケーキをおみやげに買って帰りました。
 

病気なんだけど、食べ物を美味しくいただける状態に、小さな幸せを感じました。
                                (・e・)